境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

毎度お馴染み、阪神Cの血統戦略

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

阪神11R 阪神C(芝1400m)

この阪神Cというレースは、「サンデー系」「重厚血統、スタミナ血統保持」という血統テーマが存在するレースです。

【サンデー系産駒の好走例】

13年1着リアルインパクト
(父ディープインパクト)

13年2着ガルボ
(父マンハッタンカフェ)

13年3着クラレント
(父ダンスインザダーク)

12年2着ガルボ
(父マンハッタンカフェ)

12年3着ファイナルフォーム
(父ディープインパクト)

11年3着フラガラッハ
(父デュランダル)

10年1着キンシャサノキセキ
(父フジキセキ)

09年1着キンシャサノキセキ
(父フジキセキ)

09年2着プレミアムボックス
(父アドマイヤベガ)


【重厚血統、スタミナ血統の好走例】

13年1着リアルインパクト
(母父セントサイモン系メドウレイク)

13年2着ガルボ
(母父ジェネラス)

12年2着ガルボ
(母父ジェネラス)

11年3着フラガラッハ
(母父トニービン)

10年1着キンシャサノキセキ
(母父セントサイモン系プレザントコロニー)

10年3着マイネルフォーグ
(母父ビーマイゲスト)

09年1着キンシャサノキセキ
(母父セントサイモン系プレザントコロニー)

09年2着プレミアムボックス
(母父セントサイモン系ターゴワイス)


昨年は10番人気ガルボに、11年は13番人気フラガラッハにそれぞれ◎を打って仕留めていますが、フラガラッハなんかは非常に分かりやすい例。他の条件で行われた重賞では二桁着順ばかりでサッパリ歯が立っていなかったにも関わらず、このレースで突如激変、その後、中京記念を連覇するに至ります。ようするに、こういった「重たい馬場に対する特殊な適性を持った馬」が近走着順に関わりなく好走するレースというわけです。

そもそも、先述ガルボが12年、13年と連続2着だっただけでなく、過去にはサンカルロ、キンシャサノキセキが連覇を達成。このリピーター性が、このレースにおける特殊適性の重要性を示します。特殊な適性が問われるがゆえに、他条件では能力を発揮しきれない馬のパフォーマンスアップが起こるのです。

今年の注目候補は以下の通りです。

③ダイワマッジョーレ

⑧リアルインパクト

⑮サダムパテック

⑯クラレント

⑱コパノリチャード

これらのテーマを満たす存在が……

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧