境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

異質の好走血統、好走馬から分かること

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

京都11R 日経新春杯(芝2400m)

過去の日経新春杯を血統的に見ると、カギを握りそうなポイントが「マヤノトップガン産駒」「テイエムプリキュア」にあることが分かってきます。

【日経新春杯とマヤノトップガン】

13年1人気2着ムスカテール

09年4人気3着タガノエルシコ

03年4人気1着バンブーユベントス

総合成績(1-1-1-2/5) 複勝率60.0% 複回率142%

【テイエムプリキュアについて】

父パラダイスクリーク、母父ステートリードン
08年12人気3着、09年11人気1着
※このレースはリピーター性が低く、過去、2度以上馬券になった馬が3頭しかいない!

なぜかマヤノトップガン産駒がやたらと好走し、リピーター性が低いところに来て、パラダイスクリーク産駒のテイエムプリキュアが2年連続二桁人気で馬券になっている。このレースを読み解く上で、決して無視できないポイントが上記の2つです。
すなわち、マヤノトップガンという血統とテイエムプリキュアの個性を見抜くことで、このレースの本質が見えてくるという考え方。ちなみに、数少ない複数回好走馬の残りといえば、チーフベアハート産駒のマーブルチーフとダンスインザダーク産駒のダークメッセージ。……うん、何となくこれにも共通項がありそうですね。

マヤノトップガン、テイエムプリキュア(父パラダイスクリーク)、そして、チーフベアハートにダンスインザダーク。これらの要素が導き出す、この日経新春杯というレースのテーマは、ズバリ、「スタミナと持久力」、これです。

・脚は遅くても構いません
・長距離適性が高い、スタミナの塊のような馬
・溜めてズドンという瞬発力は不要。早めに踏んで雪崩れ込むような持続力を要する競馬に対する適性が高い馬


これが、日経新春杯で狙うべき穴馬のタイプです。

今年のメンバーから、注目できそうな馬を炙り出してみましょう。

④アドマイヤデウス
(父アドマイヤドン、全兄アドマイヤケルソ)

⑤フーラブライド
(父ゴールドアリュール、母父メジロマックイーン)

⑧メイショウカンパク
(母父ダンスインザダーク)

⑩コウエイオトメ
(父ハーツクライ)

⑪ビービートレイター
(父チーフベアハート、母父サンデーウェル)

⑮コスモロビン
(父ゼンノロブロイ)


あまりに分かりやすすぎて、天邪鬼っぷりを発揮してしまいそうでしたが、グッと堪えて純粋に適性を感じる……

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧