境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

毎年恒例、1400m志向のマイル戦


待望の新刊!境和樹の【単複論! 実践編】 が3月7日に発売
≫≫ アマゾンで先行予約受付中! ≪≪


会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

阪神11R アーリントンC(芝1600m)

毎年、お伝えすることは一緒です。このレースは、施行距離より1ハロン短い1400mのレースを予想する感覚が大事です。

【1400m実績馬、1400m血統の好走例】

14年2人気2着タガノグランパ
(なずな賞勝ち)

13年2人気2着カオスモス
(父マイネルラヴ)

12年3人気2着オリービン
(京王杯3着)

12年6人気3着アルキメデス
(父アドマイヤムーン)

11年5人気3着テイエムオオタカ
(未勝利勝ち1400m、京王杯3着)

10年5人気2着コスモセンサー
(かえで賞レコード勝ち)

09年6人気1着ダブルウェッジ
(父マイネルラヴ)

09年3人気3着ミッキーパンプキン
(父ダンスインザダーク)

07年3人気3着マイネルレーニア
(京王杯2歳S勝ち)


まだ3歳の春手前ですから、必然的に1400mくらいの距離で実績を残している馬は少なくないわけですが、そういったことが『外回りの阪神マイル』という条件がゆえに盲点になりやすい。これがアーリントンCというレース最大のポイントだと見ています。
実績という点では見劣るので先ほどの表には記載しませんでしたが、昨年6番人気3着したフェルメッツァという馬も、前走1400mからの臨戦馬、最新の連対も1400mでした。

そして、1400m性が重要なのですから、血統的に1400mが合うタイプ、さらに、1400mで要求されやすいダート的馬力にも応用が可能。さらにいえば、ストレートにダート実績がある馬も意外に来ます。

【ダート実績馬、ダート血統の好走例】

12年2人気1着ジャスタウェイ
(母父ワイルドアゲイン)

11年4人気1着ノーザンリバー
(ダート2連勝からの臨戦)

11年11人気2着キョウエイバサラ
(キャリア7戦目の初芝)

08年5人気1着ダンツキッスイ
(ダ1400m逃げ切り勝ちからの臨戦)

08年9人気2着エーシンフォワード
(父フォレストワイルドキャット)


キョウエイバサラあたりが最も顕著な例でしょうね。能力的には確かにフロックだったといわれるかもしれませんが、適性的には必然的な好走だったと思います。こういう馬でも来てしまう、それだけダート的要素が重要なレースであるという視点は必要でしょう。

マイルのレースでありながら、中身は1400mのレース。この視点で穴馬を捕まえたいレース。

・1400m実績馬
・1400m適性の高い血統
・ダートからの臨戦
・ダート血統


これらの要素を満たす馬から候補馬を選びます。個人的には、「ああ、ダートでも走れそうだなぁ」とイメージできるような馬が良いと思いますね。
今年で言えばテーマに沿った穴馬候補は以下の馬でしょうか。

⑤ジャジャウマナラシ
(ダート実績馬)

⑥ヤマカツエース
(1400m勝ちからの臨戦)

⑦ネオスターダム
(母がダ1400m巧者)

⑪マテンロウハピネス
(1400m勝ちからの臨戦)


この中から……

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧