境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

凱旋門賞血統を狙える特殊条件


待望の新刊!境和樹の【単複論! 実践編】
≫≫ アマゾン・全国書店にて絶賛発売中! ≪≪


会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

明日28日のAM1422kHz・ラジオ日本【土曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が生電話出演!(16時頃より放送予定)

中山11R 日経賞(芝2500m)

過去の日経賞を検証すると、やはり血統的に目立つものが浮上します。中山の非根幹距離という特殊条件ですから、特殊な適性が問われるのは当たり前のこと。血統傾向にも偏りは出るものです。

【日経賞の注目血統①】

14年10人気2着ホッコーブレーヴ
(母父ダンシングブレーヴ)

12年12人気1着ネコパンチ
(母父ダンシングブレーヴ)

10年7人気3着トーセンクラウン
(母父ダンシングブレーヴ)


まず、何と言っても『ダンシングブレーヴ』の血です。これだけ人気薄を、しかも別馬で馬券にしていれば、もうこの血統と日経賞の抜群の相性に異論を挟む余地はないでしょう。ちなみに、父ダンシングブレーヴという馬も過去、1回だけこのレースに出走しています。2000年に9番人気で勝ったレオリュウホウです。
……凄まじい適性ですね。

【日経賞の注目血統②】

14年1人気1着ウインバリアシオン
(父ハーツクライ)

13年9人気2着カポーティスター
(父ハーツクライ)

12年2人気2着ウインバリアシオン
(父ハーツクライ)


近年、そのダンシングブレーヴを脅かす存在にならんと勢力を拡大しているのが『ハーツクライ』です。過去のべ3頭出走して全て連対しています。これも見逃せない血統といえそうです。

ダンシングブレーヴとハーツクライの血。この2本の好相性血統から、やはり日経賞においてスタミナと底力が要求されることが分かります。ハーツクライもトニービン系サンデーですから、全体的に『凱旋門賞血統』が走りやすいレースであると判断できます。

このテーマから、今年の候補馬は以下の通りとなります。

①フラガラッハ
(母父トニービン)

③ウインバリアシオン
(父ハーツクライ)

④ホッコーブレーヴ
(母父ダンシングブレーヴ)

⑤クリールカイザー
(父キングヘイロー@ダンシングブレーヴ)

⑪トーセンアルニカ
(父メイショウサムソン、母父エルコンドルパサー)


どうせ人気だろうと思っていたのですが、意外と連敗効果が大きいようで、週前の段階から印が落ち着いている……

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧