境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

重厚なスタミナタイプが穴のカギ


待望の新刊!境和樹の【単複論! 実践編】
≫≫ アマゾン・全国書店にて絶賛発売中! ≪≪


会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

AM1422kHz・ラジオ日本【土曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(16時頃より放送予定)

【日曜】阪神11R 大阪杯(芝2000m)

この大阪杯、まず血統的なポイントとしては、昨年、トウカイパラダイスに◎を打った際にも指摘した『ニジンスキー内包馬』が挙げられます。

【大阪杯とニジンスキー内包馬】

14年6人気2着トウカイパラダイス
(母父マルゼンスキー)

12年1人気2着フェデラリスト
(母母父ニジンスキー)

11年1人気1着ヒルノダムール
(母父ラムタラ)

11年8人気2着ダークシャドウ
(父母父ニジンスキー)

10年6人気1着テイエムアンコール
(母母父ニジンスキー)

08年7人気2着エイシンデピュティ
(母母父ニジンスキー系)

06年6人気2着マッキーマックス
(父母父ニジンスキー)

06年5人気3着スズカマンボ
(母母父ニジンスキー)


これをベースに、穴を開けた馬を抽出して、その特徴を見てみましょう。

14年6番人気2着トウカイパラダイス
(前年6番人気4着)

12年6番人気1着ショウナンマイティ
(翌年2番人気2着)

11年8番人気2着ダークシャドウ
(稍重で2勝の条件上がりダンス産駒)

10年6番人気1着テイエムアンコール
(オペラハウス×ブライアンズタイム)

10年9番人気2着ゴールデンダリア
(古馬OP未勝利)


一言で言えば、鈍足スタミナタイプが目立ちます。ショウナンマイティに関しては何度も力説したので飽きてしまっている方もいらっしゃるかもしれませんが、速い上がりで追い込めるけど届かない。勝つときは重たい馬場か持続力勝負とはっきりしていたキャラでしたよね。昨年本命にしたトウカイパラダイスも、ゴールドアリュール産駒で速い脚に欠けるタイプ。大崩れはしないものの勝ち切れないというキャラクターでした。
その他の穴馬を見ても、どちらかというとスピードがあまりなく、代わりにスタミナ要素に秀でた持続力タイプが多いことが分かると思います。
冒頭で指摘した『ニジンスキー系内包馬』というテーマも合わせて考えれば、全体的に欧州的なスタミナが求められるレースであるということが分かります。そして、これが大阪杯において穴馬を探す際のポイントとなります。

今年の出走馬で狙う要素のある穴馬候補は

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧