境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

2000m的なスタミナ血統を狙い撃つ


待望の新刊!境和樹の【単複論! 実践編】
≫≫ アマゾン・全国書店にて絶賛発売中! ≪≪


会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

AM1422kHz・ラジオ日本【土曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(16時頃より放送予定)

阪神11R 阪神牝馬S(芝1400m)

改めて過去の傾向を探ったところ、ちょっと今までとは別視点の仮説を思いつきました。今年はこれをベースに攻めてみようと思います。

「2000m的なスタミナ型サンデーを狙い撃つ」

これが、新たに阪神牝馬Sの血統ポイントとして浮上した傾向です。

【阪神牝馬Sとスタミナ型サンデー】

13年4人気2着イチオクノホシ
(父ゼンノロブロイ)

13年7人気3着クィーンズバーン
(父スペシャルウィーク)

12年11人気1着クィーンズバーン
(父スペシャルウィーク)

12年4人気3着フミノイマージン
(父マンハッタンカフェ)

11年7人気2着アンシェルブルー
(父マンハッタンカフェ)

09年7人気1着ジョリーダンス
(父ダンスインザダーク)

09年3人気2着ザレマ
(父ダンスインザダーク)

08年9人気3着パーフェクトジョイ
(父ステイゴールド)


サンデー系の中でも、B級にカテゴライズされるようなスタミナ型サンデーが結構馬券になっているんですよね。その視点で見れば、たとえば、昨年の勝ち馬スマートレイアーも母父ホワイトマズルで自身も1800m以上の距離に実績があった馬でしたし、3着ローブティサージュも母父はサドラーズウェルズ系シングスピール。父ウォーエンブレムもダート型ながら、芝では2000mの秋華賞をブラックエンブレムで獲っています。
もちろん、牝馬同士ということから、実績で勝る馬が多少の距離不安をひっくり返して好走しているケースもあると思います。12年3着フミノイマージンなんかはそんなケースでしょう。ただ、こうして過去の結果を改めて見直してみると、単に実績上位の馬だけでなく、総じて2000m前後に適性がありそうな血統や馬が穴を開けていることが分かってきます。そして、2000m(特に中山、京都、阪神)という条件は、スタミナの要求値が高いもの。そのことから、この阪神牝馬Sというレースにおいて、スタミナが重要であるという仮説が成り立ちます。

・スタミナ型サンデー産駒
・欧州的な重厚血統保持馬
・1800m以上の距離に実績がある馬


これが、先ほどの仮説から導かれる阪神牝馬Sの狙い馬抽出テーマ。今年はこれを重視してみたいと思います。候補馬は以下の通り。

③バーバラ
(母父ディキシーランドバンド)

⑤サングレアル
(父ゼンノロブロイ)

⑧レッドリヴェール
(父ステイゴールド)

⑨フォーエバーモア
(父ネオユニヴァース)

⑭スマートレイアー
(母父ホワイトマズル)

⑮メイショウマンボ
(父スズカマンボ)


馬券的には

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧