境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

紆余曲折の末に……


待望の新刊!境和樹の【単複論! 実践編】
≫≫ アマゾン・全国書店にて絶賛発売中! ≪≪


会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

阪神11R 桜花賞(芝1600m)

既に色々なところで桜花賞の血統傾向は語られており、また、今年はちょっと例年とは異質な部分もあるので、どうしたものかと頭を悩ませたものですが、スタンダードな血統理論で効果的に穴が拾えそうな感じもあり、それが私のスタンスだとも思いますので、ド直球を投げ込みたいと思います。

桜花賞における最もスタンダードなテーマは以下の通りです。

・ディープインパクトがとにかく来る
・ノーザンダンサー系との配合がベター


この2点です。

【桜花賞とディープインパクト】

14年1人気1着ハープスター

13年7人気1着アユサン

13年2人気2着レッドオーヴァル

12年2人気1着ジェンティルドンナ

12年4人気2着ヴィルシーナ

11年2人気1着マルセリーナ


2011年に産駒が初めて桜花賞に出走してから4連勝中。うち2回はワンツーを決めています。しかも、昨年は勝ったハープスター1頭のみ、一昨年はワンツーを決めた2頭のみの出走。総合成績は(4-2-0-4/10)。まあ、普通に考えて抗いづらい結果を出しているわけです。

また、この桜花賞というレースは『母系ノーザンダンサー系』が走りやすいレースでもあります。

【桜花賞と母父系統】

母父Nダンサー系 (7-2-4-33/46)勝15.2%、連19.6%、複28.3%

母父サンデー系 (1-1-0-21/23)勝4.3%、連8.7%、複8.7%

母父ミスプロ系 (0-2-2-26/30)勝0.0%、連6.7%、複13.3%

母父ロベルト系 (0-1-1-5/7)勝0.0%、連14.3%、複28.6%

母父ナスルーラ系 (0-1-0-22/23)勝0.0%、連4.3%、複4.3%


出走数が多いこともありますが、圧倒的にNダンサー系を母父に持っている馬が来ていることが分かります。このデータは外回り施行となってからを対象にしていますが、旧コース時代も非常に良く来ていましたね。
ちなみに……

14年1人気1着ハープスター
(母父ファルブラヴ)

13年7人気1着アユサン
(母父ストームキャット)

12年2人気1着ジェンティルドンナ
(母父ベルトリーニ)

11年2人気1着マルセリーナ
(母父マルジュ)


現在4連勝中のディープ産駒も、全て母父はノーザンダンサー系です。

ということで、血統的にはディープインパクト産駒の中から、母父にノーザンダンサー系を持った馬を選び出すことになります。該当馬は以下の通り。

⑨アンドリエッテ

⑯メイショウメイゲツ


続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧