境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

超変則GⅠの解法


待望の新刊!境和樹の【単複論! 実践編】
≫≫ アマゾン・全国書店にて絶賛発売中! ≪≪


会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

京都11R 天皇賞・春(芝3200m)

天皇賞・春の解法となるポイントは3点です。

・血統的には凱旋門賞血統、特にトニービンが良い
・高速馬場への対応
・後方一気は間に合わない


まずは血統面。このレースでは、重厚な欧州血統、中でもその頂点クラスの凱旋門賞血統を保持、内包している馬が頻繁に馬券に絡みます。昨年、12番人気で3着と激走したホッコーブレーヴも母父にダンシングブレーヴの血を持っていましたね。
基本的に、欧州血統=長距離という図式が成立するわけではない(スタミナがあるということと、距離が延びて良いということは、必ずしもイコールではありませんから)のですが、このレースに関しては凱旋門賞血統に絡んだ馬が頻繁に来ているので、素直に信頼していいと思います。
また、その凱旋門賞血統の中でも特注できるのが『トニービンの血』です。主にトニービン系サンデーを筆頭に、この血を持っている馬は常にカギを握る存在と考えておくべきです。

【凱旋門賞血統保持、内包馬の好走例】

14年12人気3着ホッコーブレーヴ
(母父ダンシングブレーヴ)

13年3人気2着トーセンラー
(母母父サドラーズウェルズ)

13年6人気3着レッドカドー
(母母父ダンシングブレーヴ)

11年7人気1着ヒルノダムール
(母父ラムタラ)

11年3人気2着エイシンフラッシュ
(父キングズベスト)


【トニービン内包馬】

14年3人気2着ウインバリアシオン
(父ハーツクライ)

12年14人気1着ビートブラック
(父ミスキャスト)

12年3人気2着トーセンジョーダン
(父ジャングルポケット)

10年2人気1着ジャガーメイル
(父ジャングルポケット)

09年4人気2着アルナスライン
(父アドマイヤベガ)


続いては、高速馬場に対する適性。とにかくこの時期の京都は時計が速いですからね。
昨年は、開幕週が-2.0秒近い超高速馬場だったものの、天皇賞・春当週になって1.0秒ほど時計が戻りました(当日の馬場差は-0.7秒)。速いことは速いものの、前週ほどではなく、ツルツルの超高速馬場をイメージした予想が微妙にズレてしまうという状況に陥りましたが、今年に関しては週中に雨が全くと言っていいほど降っておらず(関西在住ではないのであくまで伝聞ですが)、馬場が戻る根拠が希薄だと思います。今年こそは-2.0秒近い馬場差で行われる超高速決着になるはず。必然的に、この超時計勝負、ツルツルの硬い馬場に対する適性を馬自体の実績から導かなければなりません。
ちなみに、血統的な視点として、先週の京都芝で目立った穴血統を挙げておきます。

【先週の京都芝で穴を開けた血統】

芝1800m6人気2着カリテスグレース
(父ホワイトマズル)

芝2200m4人気2着ドンアルフォンス
(父ダンスインザダーク)

芝2200m7人気2着マイティースコール
(母父トニービン)

芝2200m4人気3着レイトライザー
(母父オペラハウス)

芝1400m9人気3着ブラッククローバー
(父ジャングルポケット)

芝1600m15人気3着アグネスエンジェル
(父ホワイトマズル)

芝2000m4人気2着ウイングジャパン
(母父ダンスインザダーク)

芝1600m8人気1着レッドアリオン
(母父ダンシングブレーヴ)


ダンシングブレーヴの血を持った馬(ホワイトマズルもこの系統です)を筆頭に、トニービンやサドラーズウェルズ。サンデー系ならニジンスキー系内包のダンスインザダークなど。奇しくも、天皇賞・春の血統テーマに近い血統が穴を開ける傾向にあったことを付け加えておきます。

最後に位置取りの話。これも毎年のように言っていることですが、このレースは、4角で一桁順程度の位置にいない限り、まず届きません。昨年のホッコーブレーヴが10-9-10-10という通過順で3着しており、まあ、3着争いならギリギリ加われるかなとは思いますが、連対圏以上になると相当期待値が下がります。ちなみに、昨年1番人気で4着に負けたキズナの通過順は17-17-15-10でした。
私の基本スタイルである『穴馬の単複』では複勝が勝負馬券になりますので、その視点で言えば、人気薄の追い込み馬が3着に滑り込んで的中というケースを想定することは決して悪くはありませんが、ある程度の位置を取れる馬の方が有利であることに変わりはありませんから、基本的には前付けできるタイプから本命馬は探した方がいいでしょうね。

【天皇賞・春における上位馬の位置取り】

★2014年
フェノーメノ 8-8-7-5
ウインバリアシオン 14-14-14-8
ホッコーブレーヴ 10-9-10-10

★2013年
フェノーメノ 7-7-3-2
トーセンラー 9-9-6-2
レッドカドー 11-11-10-4

★2012年
ビートブラック 2-2-2-1
トーセンジョーダン 7-7-7-5
ウインバリアシオン 12-12-12-12

★2011年
ヒルノダムール 9-8-7-6
エイシンフラッシュ 9-10-10-8
ナムラクレセント 11-10-1-1

★2010年
ジャガーメイル 9-8-7-5
マイネルキッツ 2-2-2-1
メイショウドンタク 6-6-3-2

★2009年
マイネルキッツ 10-10-4-4
アルナスライン 8-6-7-4
ドリームジャーニー 12-12-11-7


以上のテーマを元に、今年、私が注目している馬は下記の通りです。

②カレンミロティック
(父ハーツクライ)

⑥ホッコーブレーヴ
(母父ダンシングブレーヴ)

⑨クリールカイザー
(父キングヘイロー)

⑩ラブリーデイ
(母母父トニービン)

⑯ウインバリアシオン
(父ハーツクライ)

⑰アドマイヤデウス
(父アドマイヤドン)

私は

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧