境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

上位陣強力なレースだが


待望の新刊!境和樹の【単複論! 実践編】
≫≫ アマゾン・全国書店にて絶賛発売中! ≪≪


会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

AM1422kHz・ラジオ日本【土曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(14時頃より放送予定)

京都11R 平安S(ダ1900m)

抜けて強い馬がいない代わりに、そのレベルなら勝ち負けできるという馬が山ほど出走してきた今年の平安S。何と言いますか、スキがありそうでスキがない。馬券の席を確実に埋めるであろうという存在はいないものの、接近した上位人気のどれかで席が埋まってしまいそうなレースという印象です。

そんなレースではありますが、平安S(旧・東海S含む。以下同じ)と京都ダ1900mにおける血統ポイントをご紹介しておきます。

・シンボリクリスエス産駒
・ゴールドアリュール産駒


この2つの血統には注目する価値があります。

まず、『シンボリクリスエス』産駒ですが、これは、平安Sと非常に相性が良い血統です。

【平安Sとシンボリクリスエス】

14年7人気2着ソロル

12年11人気3着サイレントメロディ

11年6人気2着ランフォルセ

平安Sに出走したシンボリクリスエスはこの3頭のみ。つまり、出走馬全てが馬券になっているということです。しかも、人気に関わらずですからこの相性の良さは特筆モノだと思います。
昨年までは、このシンボリクリスエスを主軸に『ロベルト系好相性』というテーマを設定していたのですが、10年にマヤノトップガン産駒のアルトップランが10人気3着した以外、実はその他のロベルト系保持馬はほとんど来ていないんですね。ロベルト系自体はダート重賞における要注意系統なので、コレ自体を否定する気はありませんが、このレースに関しては『シンボリクリスエス』単体と相性が良いという考え方をしておいた方がいいかもしれません。

一方、レース単位ではなく、京都ダ1900mというコース単位で考えた場合、見逃せないのは『ゴールドアリュール』の血です。

【京都ダ1900mとゴールドアリュール】

成 績 (6-8-3-19/36)
勝 率 16.7%
連対率 38.9%
複勝率 47.2%
単回率 338%
複回率 131%


かなり優秀な数字だと思います。今開催も3週目に行われた1000万の競走で同産駒のマイネルハルカゼが11人気1着と穴を開けていますし、オープン特別のアルデバランSでは、マルカプレジオが2年連続2着。この平安Sにはそのマルカプレジオが一度だけ出走して6着に敗れていますが、逆にいえばサンプルはその1回のみ。まだまだ逆襲の余地は残っていると思います。

といったあたりが、平安Sにおいて考えるべき血統ポイントだと思います。その観点から浮かび上がるのは

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧