境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

問われるのは異端の才能

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

AM1422kHz・ラジオ日本【土曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(14時頃より放送予定)

東京11R 安田記念(芝1600m)

いよいよ連続GⅠも今週の安田記念がラスト。始まる前は長く感じても、終わってみるとあっという間なものですね。
しかし、年間通しての回収を考えた場合、いかに気持ちを切らさずシーズン切り替えに臨むかは大事なポイント。もちろん、ダービーが終了してプッツンしてしまってはいけませんし、GⅠシリーズが終わるからといって、競馬が終わるわけではありません。長い道のりの中の一地点に過ぎないと、粛々と向かい合うべきでしょう。

と、何だか説教くさい出だしになってしまいましたが、安田記念を予想していきたいと思います。このレースにおけるポイントは下記の通り。

・東京マイルGⅠの『ダート血統保持馬』
・セントサイモン系内包馬
・意外にリピーター性が強い


この3点だと思います。

まずは『ダート血統保持馬』というテーマ。これはNHKマイル、そしてヴィクトリアマイルでも同じことを指摘しているので、もうお腹いっぱいでしょう(笑) 東京マイルで行われるGⅠにおいて、共通して重要になる血統傾向です。

【安田記念とダート血統保持馬】

14年1人気1着ジャスタウェイ
(母父ワイルドアゲイン)

14年10人気3着ショウナンマイティ
(母父ストームキャット)

13年1人気1着ロードカナロア
(母父ストームキャット)

13年3人気2着ショウナンマイティ
(母父ストームキャット)

12年2人気1着ストロングリターン
(母父スマートストライク)

12年5人気2着ストロングリターン
(母父スマートストライク)

(参考)
【東京マイルGⅠにおけるダート的馬力血統保持馬の穴馬好走例】

~NHKマイルC~
15年1着クラリティスカイ
(父クロフネ)

15年2着アルビアーノ
(父ハーランズホリデイ)

15年3着ミュゼスルタン
(母父フレンチデピュティ)

14年2着タガノブルグ
(父ヨハネスブルグ)

13年1着マイネルホウオウ
(母父フレンチデピュティ)

13年2着インパルスヒーロー
(父クロフネ)

09年2着レッドスパーダ
(母父ストームキャット)

08年3着ダノンゴーゴー
(父アルデバラン)

07年1着ピンクカメオ
(父フレンチデピュティ)

~ヴィクトリアマイル~
15年2着ケイアイエレガント
(母父エーピーインディ)

13年1着ホエールキャプチャ
(父クロフネ)

11年1着アパパネ
(母父ソルトレイク)

10年2着ヒカルアマランサス
(母父エーピーインディ)

09年2着ブラボーデイジー
(父クロフネ)

09年3着ショウナンラノビア
(父フレンチデピュティ)

08年3着ブルーメンブラット
(母父トップサイダー)

正直なところ、NHKマイルCとヴィクトリアマイルほど顕著に出るという感じもないのですが、まあ、ストームキャット保持馬が連続して馬券になっていることは事実ですし、トータルで見ればやはり侮れない血統傾向と考えておいていいでしょう。

続いて、安田記念固有の血統面としてご紹介しておきたいポイント。それが、オールド血統の代表格とも言える『セントサイモン』の血。これが効果的に利いてくるのがこのレースの特徴です。
昨年は、馬場悪化を前提としてこの血統をフィーチャーしましたが、よく調べてみれば安田記念においては馬場不問でこの系統を内包している馬が非常によく来ています。現代競馬においては根本的にスピード不足。ゆえに支配血統になることはありませんが、系統の代表例でもあるリボー系を筆頭に、大舞台向けの底力を持つのがこの系統の特徴。このレースではその個性が活かされるようです。

【安田記念とセントサイモン系内包馬】

14年10人気3着ショウナンマイティ
(母母父アレッジド)

13年1人気1着ロードカナロア
(母母父コーモラント)

13年3人気2着ショウナンマイティ
(母母父アレッジド)

11年9人気1着リアルインパクト
(母父メドウレイク)

10年6人気2着スーパーホーネット
(母母父エロキューショニスト)

09年2人気2着ディープスカイ
(母母父キートゥザーミント)

08年9人気3着エイシンドーバー
(母母父ゴスホーク)

という感じで、異流系統であるセントサイモンを内包(特に母母父)している馬が毎年のように馬券を賑わせているのがこのレースの特徴なんですね。
ちなみに、これは昨年も挙げたものですが、道悪で行われた東京マイルGⅠでも、この系統は暗躍しています。

参考:道悪の東京マイルGⅠとセントサイモン系内包

14年安田記念(不良)
3着ショウナンマイティ 母母父アレッジド

08年NHKマイルC(稍重)
1着ディープスカイ 母母父キートゥザミント

07年NHKマイルC(稍重)
1着ピンクカメオ 父母父ホールドユアピース

06年ヴィクトリアマイル(稍重)
1着ダンスインザムード 母母父キートゥザミント

04年安田記念(稍重)
3着バランスオブゲーム 母父アレミロード


21世紀に入ってから、東京マイルで行われたGⅠが稍重以下の道悪(あくまでJRAの公式馬場発表において)で行われたのは、この5回しかありません。その全てでセントサイモン系内包馬は馬券に絡んでいます。
今年は週末に雨予報も出ており、馬場状態が読みづらい状況ですが、この系統に関しては仮に馬場が悪化してもマイナスにはならないと考えることができます。

最後に、このレースで好走した馬のキャラクターに関する考察。一言で言ってしまえば『リピーターレース』です。同じ馬が何度も来ます。

【安田記念、最近のリピート例】

グランプリボス
(12年13人気2着、14年16人気2着)

ショウナンマイティ
(13年3人気2着、14年10人気3着)

ストロングリターン
(11年5人気2着、12年2人気1着)

スマイルジャック
(11年3人気3着、10年5人気3着)

ウオッカ
(09年1人気1着、08年2人気1着)

もうちょっと遡ると、05年7人気1着、06年10人気2着アサクサデンエン、もっと古くはヤマニンゼファーなども複数回好走の例ですね。
単純に、GⅠにおいて同じ馬が複数回来ているといわれると、単に能力の高い馬が毎年出てきて好走していくというイメージをしてしまいがちですが、いわゆるA級マイラーがいなくなって久しい昨今でも、グランプリボスやショウナンマイティなど、人気薄で連続好走するケースもしばしば。加えて、上記した『セントサイモン系内包』という超がつく特殊な血統傾向があるレース。思っている以上に特殊な適性が求められている可能性は高く、その結果として適性を持った馬が何度も来るという、いわゆるリピーターレースの性質が当て嵌まるという考え方はできると思います。

以上のテーマを元に、買うかどうか検討すべき穴馬候補を

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧