境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

今度こそ、逆転を

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

AM1422kHz・ラジオ日本【土曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(14時頃より放送予定)

阪神11R 宝塚記念(芝2200m)

血統的には一目瞭然、ステイゴールドの血が効果的に活きるレースです。連覇中のゴールドシップ、オルフェーヴル、ドリームジャーニーはもちろん、人気薄のナカヤマフェスタという好走例もありますから、これはもう血統的に相性が良いと言って問題ないでしょう。

ただ、それ以外というと、なかなかコレ!といった傾向が見つけづらいレースではあります。全体的に欧州血統に代表される重厚な血を持っていることが多いとは思いますが、じゃあそれを持っていなきゃダメなのかと問われれば微妙なところもありますし、逆に、持っていてサッパリ走らなかった馬もたくさんいます。

その代わり、好走馬それ自体のキャラクターはかなり分かりやすいと思います。このレースはそれを中心に考えた方がいいんでしょうね。

【宝塚記念で初GⅠを獲った馬】

11年アーネストリー

10年ナカヤマフェスタ

08年エイシンデピュティ

07年アドマイヤムーン(海外GⅠ除)

02年ダンツフレーム

01年メイショウドトウ

98年サイレンススズカ

97年マーベラスサンデー

95年ダンツシアトル

この傾向が、宝塚記念を象徴するものだと思います。
ここ2年はゴールドシップが勝っていますが、2着といえばカレンミロティック、ダノンバラード。いわゆる“GⅢ~GⅡレベル”です。上記の勝ち馬も含め、ブエナビスタやジェンティルドンナといった名馬たちが、こういった馬の後塵を拝するレース、それが宝塚記念というレース。このことから、宝塚記念では主流のGⅠと異なった適性が要求されるというが分かります。

端的に言ってしまえば、この宝塚記念というレースは

『速い上がりが不要。むしろ上がりが掛かる鈍足競馬に適性を持つ馬の方が好走しやすい』

のです。だからこそ、主流のGⅠで結果を出せない馬が、出している馬を逆転するという事象が起こるわけです。

そして、このレースでは

・GⅠ勝ちのない馬
・上がり最速で好走した回数が少ない馬
・34秒台中盤より遅い脚で好走する馬


こういうキャラの馬を狙った方が効率的だと考えられます。
たとえば、昨年2着のカレンミロティックは、26戦のキャリアで上がり最速をマークしたのは5回だけ。ダノンバラードは34秒台中盤の脚が基本の馬で、最後に勝ったAJCCの上がりタイムは36.0秒でした(ちなみに、これでメンバー最速)。
2011年にブエナビスタを完封したアーネストリーは、それまでメンバー最速の上がりを使った経験が2回しかありませんでしたし、2010年のナカヤマフェスタは1回しかありませんでした。ちなみに、その1回は不良馬場の日本ダービーでマークした39.0秒。

このように、速い上がりを要求されず、普段、切れ負けしていたような馬が着順を上げるレース、それが宝塚記念というレースです。天皇賞・秋やジャパンカップのように速い上がりは必要ありません。その脚の遅さがゆえに切れる馬にやられることが多い馬こそ狙い目になるのです。

今年のメンバーで言えば……

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧