境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

毎年穴を開ける系統、不気味な初出走の系統

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

AM1422kHz・ラジオ日本【土曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(14時頃より放送予定)

【日曜】中京11R プロキオンS(ダ1400m)

まだサンプルは少ないですが、新装後に中京ダ1400で行われるようになってから3回、その結果からまず導かれる傾向は

「人気薄のサンデー系に注意」

ということ。

【プロキオンS過去3年の激走穴馬】

14年10人気3着ガンジス
(父ネオユニヴァース)

13年5人気2着セイクリムズン
(父エイシンサンディ)

12年12人気1着トシキャンディ
(父バブルガムフェロー)

とまあこんな具合。もちろん、毎年人気薄のサンデー系産駒はこれだけではありませんが、実際に毎年来ていることは間違いありません。しかも、過去2年は1、2番人気が順当に圏内に走る中、唯一の人気薄がこの系統だったわけですから、やはり血統傾向として無視するわけにいかないでしょう。

盲点になりそうなサンデー系、まずはここからメンバーをふるいに掛けてみたいと思います。

アドマイヤサガス
(父フジキセキ)

グレープブランデー
(父マンハッタンカフェ)

ジョーメテオ
(父ネオユニヴァース)

レッドアルヴィス
(父ゴールドアリュール)


この4頭の中から加点材料と配当のバランスを考えて買う馬を決めても何ら問題はないと思います。
ただ、もう少し調べていてちょっと気になることを見つけたので、今回はそれも一緒に発表しておきたいと思います。

それは……

「トニービン系保持、内包馬の出走がまだ1頭もない」

プロキオンSがこの舞台で行われるようになって3回、これまで一度もトニービン系保持馬の出走はありません。それどころか、さらに細かく見てみると、父母父、母母父に内包している馬すら1頭もいないのです。これは気になります。

なぜ気になるのか?それは、本質的な中京ダ1400の血統傾向があるからです。

【中京ダ1400における注目血統】

★母父トニービン
成 績 (2-1-2-5/10)
勝 率 20.0%
連対率 30.0%
複勝率 50.0%
単回率 187%
複回率 117%

★父ハーツクライ
成 績 (1-5-0-8/14)
勝 率 7.1%
連対率 42.9%
複勝率 42.9%
単回率 98%
複回率 101%

★父ジャングルポケット
成 績 (1-1-3-7/12)
勝 率 8.3%
連対率 16.7%
複勝率 41.7%
単回率 55%
複回率 170%

そもそも、ここ中京ダ1400において、トニービンの血を保持、内包している馬はあまり登場してこないんですね。理由は不明ですが。
しかし、出てくると上記のように目を引く数字を叩き出します。ストレートに分かる母父トニービンはサンプル数がギリギリながら、率ベースは非常に優秀、そして回収率も満足できるレベルです。
また、トニービン系サンデーのハーツクライは勝ち切らないまでも複勝圏内であれば期待値十分。トニービンの後継種牡馬であるジャングルポケットもそのハーツクライと同様の見方ができるでしょう。

このように、数は少ないものの、出てくれば期待できる。これが中京ダ1400における『トニービンの血』、そんな“隠れ巧者血統”がプロキオンSにおいていまだ未出走なんですね。
時期やクラス、馬場状態などを問わない、地ならしされた血統データが重賞において発揮されるかどうかは何とも言えません。しかし、少なくともコース適性がある系統であるという見立ては間違っていないはずです。であれば、この系統がプロキオンSというレースに適性を持っている可能性も否定はできません。なにしろ、まだ出たことがないのですから。別に関係ありませんでしたという結論になる可能性はありますが、その逆に、まだ適性を隠している可能性だって残っているわけです。繰り返しになりますが、単に今まで出走していないというだけならこんなことは言いません。下地としてのコース実績がちゃんと存在しているからこそ、こういった考え方が導かれるのです。

そんな中、今年は初めてトニービンの血に絡んだ馬が出走してきます。

ジョーメテオ
(母父トニービン)

タガノトネール
(母母父トニービン)

ジョーメテオは先ほどのサンデー系産駒というテーマにも該当していましたので、ここからはタガノトネールが候補馬に加わることになります。

というわけで、今年の候補馬をまとめると以下の通りとなります。

④タガノトネール
(母母父トニービン)

⑤レッドアルヴィス
(父ゴールドアリュール)

⑩ジョーメテオ
(父ネオユニヴァース、母父トニービン)

⑪アドマイヤサガス
(父フジキセキ)

⑯グレープブランデー
(父マンハッタンカフェ)

この中から狙い馬を決めることにします。そして、人気薄のサンデー系であり、かつ、まだレース適性を隠している可能性のある

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧