境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

夏競馬オーラスを締め括るのは……

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

AM1422kHz・ラジオ日本【土曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(14時頃より放送予定)

新潟11R 新潟記念(芝2000m外)

昨年はディープ産駒が7頭出走し、上位3着までを独占。今年も5頭の同産駒が出走しており、昨年の悪夢(?)が再び蘇る……ところですが、ここは冷静に穴馬の好走パターンを探してみましょう。

この新潟記念で穴を開ける血統は

・欧州血統保持馬
・長距離血統保持馬


この2パターンです。要するに、重たさとスタミナが要求されるレースということ。軽い芝で上がりも速い新潟ではどうしてもイメージしづらいところですが、実際、今開催の新潟芝もステイゴールド、マンハッタンカフェを筆頭とした重厚血統が頻繁に激走しており、今年の新潟記念も例年通り、この『スタミナ、鈍重さ』がカギを握る可能性は高いと見ています。

【新潟記念の穴好走血統】

14年5人気2着クランモンタナ
(母父トニービン)

13年10人気1着コスモネモシン
(母父シングスピール)

13年8人気2着エクスペディション
(父ステイゴールド)

13年7人気3着ファタモルガーナ
(母父エリシオ)

12年7人気1着トランスワープ
(母父リアルシャダイ)

12年9人気2着タッチミーノット
(父ダンスインザダーク)

ディープ産駒が上位を独占した昨年も、1番人気マーティンボロ、3番人気ラストインパクトの間に割って入ったのは母父トニービンのクランモンタナでした。その他、サドラーの系統や凱旋門賞血統のエリシオなど欧州血統の好走例が目立ちます。今回は過去3年の好走血統に的を絞りましたが、10年、11年と同レースを連覇したナリタクリスタルの母父ペンタイアも、キングジョージ勝ち馬であり、やはり欧州性の強い血統と言えます。
また、リアルシャダイやダンスインザダークといった長距離GⅠ血統も見逃せません。4年以上前に遡れば、マヤノトップガン産駒(09年5人気1着)やチーフベアハート産駒(08年2人気2着マイネルキッツ)も来ています。

そもそも、このレースはアドマイヤベガ産駒が人気薄の別馬で何度も馬券になったという極めて特殊なレースです。

【新潟記念における父アドマイヤベガの成績】

11年2着サンライズベガ
(9番人気)

10年2着トウショウシロッコ
(10番人気)

10年3着サンライズベガ
(4番人気)

09年2着サンライズベガ
(6番人気)

08年3着トウショウシロッコ
(14番人気)

この表は毎年掲げていますが、これは本当に凄い傾向だと思いますよ。アドマイヤベガですからね。ちなみに、アドマイヤベガはトニービン系サンデー。このあたりも上記の欧州性と無関係ではないのでしょう。

総じて言えることは、スピードの要求値が相当低いということ。開催後半ということもあると思いますが、新潟らしい軽さなどこのレースには全く不要なわけです。そのことから、スピードと対極にあるスタミナや長距離的な持久力の重要度が上がるということ。単純に『スピード感の無さ』という考え方でもOKだと思います。これが新潟記念で穴を拾うための考え方になります。

今年の候補馬は以下の通り。

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧