境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

3つのポイント

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

AM1422kHz・ラジオ日本【土曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(14時頃より放送予定)

阪神11R シリウスS(ダ2000m)

シリウスSにおけるポイントは3つあります。

・米国血統保持馬
・芝経験が豊富な馬に注意
・1700、1900の実績がカギになる


【シリウスSにおける米国血統の好走例】

14年7人気3着トウシンイーグル
(母父シアトルスルー)

13年5人気1着ケイアイレオーネ
(父へニーヒューズ)

12年1人気3着グレープブランデー
(母父ジヤツジアンジエルーチ)

11年4人気2着キングスエンブレム
(父ウォーエンブレム)

11年2人気3着フサイチセブン
(父フサイチペガサス)

10年4人気2着ラヴェリータ
(父アンブライドルズソング)

10年9人気3着チョイワルグランパ
(母父プライヴェートアカウント)

09年3人気1着ワンダーアキュート
(父カリズマティック)

07年6人気2着ラッキーブレイク
(母父シアトルスルー)

昨年はミスプロ系産駒重視という血統テーマを指摘しましたが、今年はもう少し広げる形で『米国血統』というテーマを掲げてみたいと思います。ミスプロ系産駒が悪いということはありませんが、やはり該当馬自体が多くなってしまい、血統適性がボヤけてしまう面は否定できないかなと。
それに対して、ストームキャット、ボールドルーラーなど米国性の強い種牡馬は人気馬から人気薄まで幅広く馬券に絡んでおり、カテゴリーとしてはこちらを選択した方が適性判断としては正解だと思います。もちろん、ここにミスプロ系が含まれる場合も大いにあります。

続いては馬自体のキャラについて。
まずは芝経験馬が多数馬券になっているということ。しかも、中途半端に芝を何度か使ったことがあるという馬ではなく、かつては芝馬でしたというようなタイプが頻繁に好走します。

【シリウスSにおける“芝実績馬”の好走例】

14年7人気3着トウシンイーグル
(2走前が初ダート)

12年2人気1着ナイスミーチュー
(芝20戦経験)

11年5人気1着ヤマニンキングリー
(札幌記念ほか重賞2勝)

10年1人気1着キングスエンブレム
(3歳時に芝のオープン勝ち)

09年8人気2着ダークメッセージ
(日経新春杯2着)

09年4人気3着ゴールデンチケット
(毎日杯2着)

何しろ、初ダートのヤマニンキングリーが勝ってしまうくらいですからね。その他にも、芝のキャリアが豊富な馬、芝での高額条件実績のある馬が総じて走りやすい傾向にあると見ていいと思います。

最後は『1700、1900の実績』について。これについては

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧