境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

スーパー菊花賞血統

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

AM1422kHz・ラジオ日本【土曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(14時頃より放送予定)

京都11R 菊花賞(芝3000m)

『ロベルト系』
『トニービン』


この2本の系統が、今の菊花賞を支配していると言っても過言ではないでしょう。かつて、菊花賞のドル箱血統だったダンスインザダークは、もはやその産駒が出走してくることが少ない(もちろん、ダンス第2世代が今後活躍してくれれば話は別ですが)現状。であれば、余計にこの2系統に掛かる比重は増してくると思います。

【菊花賞とロベルト系】

14年7人気3着ゴールドアクター
(父スクリーンヒーロー)

13年1人気1着エピファネイア
(父シンボリクリスエス)

12年5人気2着スカイディグニティ
(父ブライアンズタイム)

10年13人気3着ビートブラック
(母父ブライアンズタイム)

09年8人気1着スリーロールス
(母父ブライアンズタイム)

09年6人気3着セイウンワンダー
(父グラスワンダー)

08年15人気2着フローテーション
(母父リアルシャダイ)

【菊花賞とトニービン】

13年5人気2着サトノノブレス
(母父トニービン)

11年2人気2着ウインバリアシオン
(父ハーツクライ)

10年13人気3着ビートブラック
(父ミスキャスト)

09年7人気2着フォゲッタブル
(母父トニービン)

08年1人気1着オウケンブルースリ
(父ジャングルポケット)

07年6人気2着アルナスライン
(父アドマイヤベガ)

06年8人気1着ソングオブウインド
(母母父トニービン)

06年2人気2着ドリームパスポート
(母父トニービン)

人気馬はともかく、人気薄の好走例が多いことは注目に値しますね。

血統的な問題を除けば、あとは位置取りが大事なレースです。これは、機動力という言葉に置き換えてもいいでしょう。天皇賞・春ほどではないにせよ、後ろから直線一気のような競馬が嵌ることはほとんどないと考えていいと思います。実際、

【近3年の菊花賞上位馬のコーナー通過順】

14年
1着トーホウジャッカル 5-5-5-2

2着サウンズオブアース 10-10-8-4

13年
1着エピファネイア 3-3-2-2

2着サトノノブレス 7-7-6-4

12年
1着ゴールドシップ 17-17-4-2

2着スカイディグニティ 12-12-7-4

最近は特に、こういった『序盤後方~中盤から位置上げ』という、いわゆるマクリ戦法が流行っていますね。序盤は後方でも構いませんが、3角~4角のあたりではひと桁順位くらいに取り付いていないとハッキリ苦しくなります。このことから、

・先行馬
・近走で位置上げの競馬を経験している馬
・色々な位置取りの競馬を経験している馬


こういった馬キャラは重視したいところ。自然と前に行けるタイプはもちろん、最近のトレンドであるマクリ競馬を経験している馬(特に、トライアル系のレースでやっている馬は、本番の予行練習だった可能性が高いと思います)、そのほか、基本は差し馬ながら、前に行って結果を出したこともあるという馬もいいですね。位置取りの問題はどうしても実戦で騎手がどう考えているかという、予想段階では把握しづらい面が大きな要素を占めますが、『どんな競馬もできる』という意識を持てるかどうかは心理的に大きいですよね。菊花賞向きの競馬を選択しやすくなりますから。

以上のテーマを合わせて、今年の候補馬は以下の通り

①ミコラソン(母父トニービン)

②サトノラーゼン(母父インティカブ)

⑧ミュゼエイリアン(父スクリーンヒーロー)

⑯タガノエスプレッソ(母母父トニービン)

⑧ミュゼエイリアンを今年の穴馬に抜擢します。何と言っても、近年の菊花賞で支配的存在感を示しているロベルト系保持馬。昨年3着ゴールドアクターと同じスクリーンヒーロー産駒です。脚質的に前に行ける点も大きいですし、穴が開けばここからだと睨んでいます。

動画で解説 ~菊花賞(GⅠ)~



【日曜の注目穴馬】

ブラジルC(ダ2100m)
⑧アンコイルド

13年8人気2着メテオロロジスト(母父ストームキャット)、11年7人気3着タマモクリエイト(父カリズマティック)、10年8人気2着エアマックール(父ジャイアンツコーズウェイ)と、このブラジルCでは『ストームバード系保持馬』が穴を開ける傾向にあります。血統的にはコレを重視したいところですね。
今年、該当するのはジャイアンツコーズウェイ産駒の⑧アンコイルド。3走前に同条件で3着しているこの馬。外差し馬場に殺された先週のアイルランドTも悪い内容ではありませんでした。一変が期待できる連闘策、再度の激走に期待できます。


アマゾン・全国書店にて絶賛発売中!
境和樹 単複論!実践編


『単複論!実践編』の購入はコチラ


▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧