境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

キズのない差し馬を狙え

Follow me
【穴馬券ネオメソッド】

AM1422kHz・ラジオ日本【土曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(16時頃より放送予定)

中山11R 皐月賞(GⅠ)(芝2000m)

皐月賞のポイントは以下の通り

・5着以下の経験がない穴馬を探せ
・馬場改修により直線スピードの重要性が増している


まず、近年の皐月賞は、成績に大きなキズを持つ馬の好走率が低くなっています。2012年以降、3着以内に入った馬は全て「5着以下に落ちた経験がない」という共通項がありました。この要件を満たした馬は基本的には人気になってしまいますが、逆に、この要件を満たしているにも関わらず、人気を落としている馬には注意が必要ということ。昨年、8番人気で勝ったディーマジェスティ、2014年に8番人気で3着したウインフルブルームもこの要件を満たしていました。

続いて、馬場改修後の傾向変化です。
2014年の皐月賞終了後、中山競馬場の芝コースは改修工事が入りました。その結果、最も顕著に出た変化は直線スピードが必要になったということ。改修前の皐月賞は、どちらかというと立ち回りの上手さやスタミナを武器にする馬が好走しやすいレースでしたが、改修後は一転、他馬より速い上がりを使って差せる馬の重要性がとにかく高まっています。
改修前後の好走馬を比べると、その差は一目瞭然。改修直前となる14年の勝ち馬イスラボニータや、その前年13年の勝ち馬ロゴタイプはともにデビューから一度もメンバー最速の上がりを使ったことがない馬でした。
それに対して、改修後の15年は、デビュー以来、全てメンバー最速の上がりで差して好走してきたドゥラメンテが勝利。2着リアルスティールも前走のスプリングSで33.6秒のメンバー最速上がりを使って差し切った馬でした。
昨年はよりその傾向が顕著になり、なんと、上位1~3着の全てが「デビュー以来、全て差す形でメンバー最速を使っていた」馬でした。

つまり、最新の皐月賞では

「5着以下に負けたことがない、中団から速い上がりで差せる馬」

が好走馬のパターンであり、同時に、穴を開ける可能性のある馬だと考えられるわけです。

今年の該当馬は……

②スワーヴリチャード

④カデナ

⑤レイデオロ

⑥アウトライアーズ

⑦ペルシアンナイト

⑬サトノアレス

いわゆる軸馬向きなのは④カデナだと思いますが、馬券的には

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典11月号(好評発売中!!)

コンテンツ一覧