境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

パワー血統に注目

Follow me
【穴馬券ネオメソッド】

AM1422kHz・ラジオ日本【土曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(16時頃より放送予定)

新潟11R 関屋記念(GⅢ)(芝1600m)

sakai


【関屋記念と米国パワー血統】

15年2人気1着レッドアリオン
(父アグネスタキオン)

15年6人気2着マジェスティハーツ
(母父ボストンハーバー)

14年6人気3着サトノギャラント
(父シンボリクリスエス)

13年4人気1着レッドスパーダ
(母父ストームキャット)

13年1人気2着ジャスタウェイ
(母父ワイルドアゲイン)

13年3人気3着レオアクティブ
(母母父プリンスオブバーズ)

12年8人気3着スピリタス
(母父ストームキャット)

11年4人気1着レインボーペガサス
(父アグネスタキオン)

11年3人気3着サトノフローラ
(父アグネスタキオン、母父アヴェニューオブフラッグス)

ストームキャットとボールドルーラー系。米国血統の主流を占めるこの2系統がコンスタントに馬券に絡んでいることが分かります。また、これは血統傾向とは少しズレますが、昨年7人気2着と穴を開けたダノンリバティも、ダート重賞で好走実績のあった馬。こういったダート的なパワーが求められるのが、この関屋記念というレースの特徴だと考えられます。

【関屋記念と近走先行成績+重賞実績】

16年3人気1着ヤングマンパワー
前走4-4 アーリントンC勝ち

16年1人気3着マジックタイム
前走7-4 ダービー卿CT勝ち

15年2人気1着レッドアリオン
2走前3-4 マイラーズC勝ち

15年9人気3着ヤングマンパワー
2走前5-4 アーリントンC勝ち

14年4人気1着クラレント
2走前3-2 エプソムC勝ち

14年1人気2着ダノンシャーク
前走3-2 富士S勝ち

13年4人気1着レッドスパーダ
前走2-2 東京新聞杯勝ち

12年1人気1着ドナウブルー
2走前2-2 京都牝馬S勝ち

11年4人気1着レインボーペガサス
前走2-2 きさらぎ賞勝ち

関屋記念というレースは、基本的に実績馬が強いレースで、人気薄で好走した馬でも後から成績を振り返ると、過去に重賞勝ちの実績があったり、重賞複数回好走、GⅠ3着内などの好成績を残していることが多いんですね。昨年2着のダノンリバティにしてもダートも含んで過去に3度の重賞2着がありました。
また、それらの重賞実績馬の中でも、特に

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典11月号(好評発売中!!)

コンテンツ一覧