境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

完成度と直線スピードを問うレース

Follow me
【穴馬券ネオメソッド】

AM1422kHz・ラジオ日本【土曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(16時頃より放送予定)

新潟11R 新潟2歳S(GⅢ)(芝1600m)

基本的には完成度が問われるレース。将来性はほとんど必要なく、むしろこの時点では取りこぼしに繋がることの方が多いという認識は持っておいた方がいいと思います。ハープスターのようなバケモノ級が出走してくること自体、稀なレースです。

そんな完成度勝負だからこそ、血統的には米国血統、ダート血統の重要性が高まります。

sakai


【新潟2歳Sと米国血統、馬力血統保持馬】

16年6人気2着オーバースペック
(父プリサイスエンド)

15年12人気2着ウインファビラス
(母父アドマイヤコジーン)

14年3人気1着ミュゼスルタン
(母父フレンチデピュティ)

14年1人気2着アヴニールマルシェ
(母父フレンチデピュティ)

13年4人気2着イスラボニータ
(母父コジーン)

12年10人気2着ノウレッジ
(父ストリートセンス、母父コロナドズクエスト)

12年9人気3着サウンドリアーナ
(父ケイムホーム)

11年4人気1着モンストール
(母父デヒア)

11年1人気2着ジャスタウェイ
(母父ワイルドアゲイン)

一見するとダート短距離に適性がありそうな血統、重賞戦線にあまり縁がなく、下級条件が主戦場になるような血統ですね。少し貧弱なくらいの血統が、このレースで要求される完成度の高さを満たすことが多いわけですね。まずはこれがメインテーマになると考えておいていいでしょう。

そして、もうひとつ顕著なレース傾向が、直線スピードを問われるレースだということ。
毎年指摘していますが、このレースは直線まで脚を溜めて、それを爆発させられるかを問うレースです。このレースでメンバー最速の上がりを使った馬の成績は【9-4-0-2/15】。11年から昨年までは全て連対を果たしており、昨年は6人気2着オーバースペックがこれに該当していました。
さらに言えば、このレースで上がり最速を使う馬は、ほとんどが差し~追い込み馬です。先述15頭の馬のうち、4角一桁順位で上がり最速を使った馬は04年1着マイネルレコルト1頭のみ。その他は全て4角二桁順位、つまり、後方待機組でした。
ちなみに、唯一の例外であるマイネルレコルトが走った年は12頭立ての少頭数。マイネルレコルトは4角5番手からの差し切り勝ちでしたから、厳密に言えば中団からの差し、パターン的には例外でもないということになります。

すなわち、この新潟2歳Sでは

『完成度の高い、上がり最速の脚を使えそうな馬』

を探すべきだということが分かります。なかなか抽象的で難しいところですが、血統面から
境和樹Twitter

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

うまスク SNS

全国書店にて好評発売中!!

境和樹 Twitter

コンテンツ一覧