境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

サンデーVS中距離型ミスプロ

Follow me
【穴馬券ネオメソッド】

AM1422kHz・ラジオ日本【土曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(16時頃より放送予定)

札幌11R 札幌2歳S(GⅢ)(芝1800m)

sakai



最近の札幌2歳Sは、血統的には以下の2点が支配的な地位を築いています。

・サンデー系(鈍足系が望ましい)
・中距離型ミスプロ


【札幌2歳SとB級サンデー系保持馬】

16年5人気1着トラスト
(母父エイシンサンディ)

16年10人気2着ブラックオニキス
(父ブラックタイド)

16年7人気3着アドマイヤウイナー
(母父ダンスインザダーク)

14年5人気1着ブライトエンブレム
(父ネオユニヴァース)

14年11人気2着マイネルシュバリエ
(母父スペシャルウィーク)

14年7人気3着レッツゴードンキ
(母父マーベラスサンデー)

【札幌2歳Sと中距離型ミスプロ系保持馬】

16年7人気3着アドマイヤウイナー
(父ワークフォース)

14年5人気1着ブライトエンブレム
(母父ウォーエンブレム)

14年11人気2着マイネルシュバリエ
(父バトルプラン)

14年7人気3着レッツゴードンキ
(父キングカメハメハ)

12年3人気1着コディーノ
(父キングカメハメハ)

かつては9月最終週から10月頭に行われていたレースですが、施行時期の変更によって2012年から9月の頭に、約1ヶ月近く前倒しして行われています。傾向分析をする際は、その2012年以降(2013年は函館開催のため検討外)をベースに考えるべきだと思います。
そして、その2012年以降の血統傾向から導き出されるのが、冒頭に記した2つの血統テーマ。

まず、サンデー系保持馬が非常に強いということが分かります。しかも、そのサンデー系はどちらかと言えばマイナー色が強いタイプであったり、長距離適性が高かったり、要するにサンデー系の中でもB級に位置付けられる方が望ましいと言えます。
常に指摘していることですが、この時期の2歳戦はクラシックを狙えるようなスケールよりも、現時点での完成度が問われやすいもの。その意味で、今後の成長力や伸び代(奥という表現がされるヤツです)よりも、今がピークである可能性が高そうな、言い換えれば今しか出番がなさそうなキャラクターを探した方がベターだといえるでしょう。

また、ミスプロ系保持馬が強いのもこのレースの特徴。さらにいえば、ミスプロの中でも中距離適性の高いタイプが理想的です。キングマンボ系を筆頭に、エンパイアメーカー~バトルラインなどの系統、好走例はありませんが、ティンバーカントリーなども悪くないでしょう。

以上の血統テーマから、今年の狙い馬を探します。まずは候補馬。
境和樹Twitter

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

うまスク SNS

全国書店にて好評発売中!!

境和樹 Twitter

コンテンツ一覧