境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

底力+末脚比べ!

Follow me
【穴馬券ネオメソッド】

AM1422kHz・ラジオ日本【土曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(16時頃より放送予定)

阪神11R ローズS(GⅡ)(芝1800m)

sakai


【ローズSとTB、SW保持内包馬】


16年1人気1着シンハライト
(母父シングスピール)

15年7人気1着タッチングスピーチ
(母父サドラーズウェルズ)

14年2人気1着ヌーヴォレコルト
(父ハーツクライ)

14年15人気2着タガノエトワール
(母母父トニービン)

14年9人気3着リラヴァティ
(母父シングスピール)

13年9人気2着シャトーブランシュ
(母父トニービン)

11年10人気2着マイネイサベル
(父テレグノシス)

11年7人気3着キョウワジャンヌ
(父ハーツクライ)

09年10人気3着クーデグレイス
(母父トニービン)

09年1人気2着レッドディザイア
(母母父サドラーズウェルズ)

このレースは、基本的にかなりスタミナ色が濃く、底力の要求値が高まります。要するに、重たい競馬になりやすいということです。
その結果として血統的には欧州血統の支配力がかなり強まります。そして、その中でもトニービンとサドラーズウェルズという2頭の凱旋門賞血統の存在感が際立つ結果になっています。その他、ニジンスキーやキングマンボなども悪くはないと思いますので、幅広く『鈍重底力血統』を意識しておくといいでしょう。
今年は、台風の影響を受けて平常開催自体が危ぶまれるほどの状況。仮に日曜日に無事施行されたとしても、道悪は避けられませんし、また、代替開催で火曜日あたりになったとしても、パンパンの良馬場は望みづらい。より一層、この底力血統、欧州血統優勢の傾向は重要性を増すと見ています。

【ローズSの上がり最速馬の成績】

16年1人気1着シンハライト

15年1人気2着ミッキークイーン

14年15人気2着タガノエトワール

13年9人気2着シャトーブランシュ

12年4人気5着トーセンベニザクラ

11年10人気2着マイネイサベル

10年6人気2着ワイルドラズベリー

09年1人気2着レッドディザイア

08年9人気2着ムードインディゴ

07年2人気2着ベッラレイア

次に脚質の問題を。毎年指摘していることですが、このレースは、毎年、上がり最速をマークした馬が馬券になるというハッキリとした傾向があります。上記表を見ていただければ分かる通り、人気を問わないというところがポイントで、人気馬が順当に速い上がりを駆使して好走するだけでなく、人気薄が一発狙いの競馬で権利取りを試みた結果、それが嵌るということも多くなります。
さらにいうと、上記の通りメンバー最速の上がりを駆使する馬は、たいていの場合、冒頭に挙げた血統テーマも満たします。すなわち、

『欧州血統保持馬がメンバー最速の上がりを使って好走する』というケースが多い

ということです。

ちなみに、ローズSは道悪で行われることも多く、16、13、08年は重馬場発表で行われています。その中でも、ちゃんとメンバー最速の上がりを使った馬は馬券になっており、この傾向は馬場不問と考えておいていいでしょう。

これらの傾向に合致した、今年の候補馬は以下の通り。

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典11月号(好評発売中!!)

コンテンツ一覧