境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

セントライト記念との同時性

Follow me
【穴馬券ネオメソッド】

AM1422kHz・ラジオ日本【土曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(16時頃より放送予定)

【日曜】中山11R オールカマー(GⅡ)(芝2200m)

sakai



【オールカマーとトニービン系内包馬】

16年3人気2着サトノノブレス
(母父トニービン)

15年1人気2着ヌーヴォレコルト
(父ハーツクライ)

13年9人気1着ヴェルデグリーン
(父ジャングルポケット)

13年2人気2着メイショウナルト
(父ハーツクライ)

12年4人気2着ダイワファルコン
(父ジャングルポケット)

11年1人気1着アーネストリー
(母父トニービン)

10年6人気3着トウショウシロッコ
(父アドマイヤベガ)

まずはレース固有の好相性血統として、トニービンの名前を挙げないといけません。昨年は3頭の該当馬の中からサトノノブレスが馬券になりました。14年は改修工事のため新潟開催でしたから、中山で行われているオールカマーでは毎年1頭はこの血を持った馬が馬券になっていることになります。

もうひとつ、血統傾向として注目したいのは前週に行われるセントライト記念との関連性です。

sakai

オークスとダービー、NHKマイルCとヴィクトリアマイルのように、同じ舞台で連続して行われる重賞において、血統傾向が似通ることは多いものです。出走馬の条件は違うものの、ほぼ同じ馬場状況の同じ距離で行われるわけですから、単なる偶然とは言い切れないところ。
このオールカマーも、やはりセントライト記念の好走血統との関連性が非常に強いですね。

【セントライト記念とオールカマーの血統的連動性】

※以下、セントライト記念をS記念、オールカマーをACと表記。

16年
・S記念で1~3着を独占したディープ産駒が、ACでも連対(該当馬は2頭のみだった)。
・S記念の1、2着馬が母父ロベルト系、ACの1着馬が父ロベルト系。
・3着馬がともに母父ストームキャット系。

15年
・S記念9人気2着がロベルト系、AC7人気3着がロベルト系。

13年
・1着馬がともに母父スペシャルウィーク。S記念で5人気2着がジャングルポケット産駒、ACで9人気1着がジャングルポケット産駒。

12年
・1着馬がともにステイゴールド産駒

11年
・S記念の好走血統と類似した血統が、ACに不在。

ディープ産駒の同時好走などは、血統の力量的に仕方ないところもあると思いますが、昨年の「3着馬がともに母父ストームキャット系」や、13年の「母父スペシャルウィークの連勝、ジャングルポケット産駒の連続好走」などは、実にインパクトのある連動性だと思います。

さて、先週行われた今年のセントライト記念は……

sakai


という結果でした。

ここから、オールカマーで連動性が起こり得る馬を候補馬とします。

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典11月号(好評発売中!!)

コンテンツ一覧