境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

純粋な長距離戦。カギを握る血統は…

Follow me
【穴馬券ネオメソッド】

AM1422kHz・ラジオ日本【土曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(16時頃より放送予定)

京都11R 京都大賞典(GⅡ)(芝2400m)

sakai


ひとことで言えば、純粋な長距離適性が問われるレースです。当たり前だと思われそうですが、たとえば3歳馬しか走らない菊花賞などは、3000という字面の距離に対する適性はあまり問われなくなっていますし、実走距離と求められる適性が異なるレースというものは意外に少なくありません。素直に距離どおりのアプローチが可能なレースというのは、それはそれで大事なテーマになるわけです。

そんな純粋長距離戦で重要な血統は、そのまま「長距離血統」です。

【京都大賞典と長距離血統】

16年2人気3着ラブリーデイ
(母父ダンスインザダーク)

15年1人気1着ラブリーデイ
(母父ダンスインザダーク)

15年2人気2着サウンズオブアース
(母父ディキシーランドバンド)

14年6人気2着タマモベストプレイ
(母母父ディクタス)

13年11人気1着ヒットザターゲット
(母父タマモクロス)

13年7人気2着アンコイルド
(母母父リヴァーマン)

12年5人気1着メイショウカンパク
(母父ダンスインザダーク)

09年4人気2着スマートギア
(母父パドスール)

08年4人気1着トーホウアラン
(父ダンスインザダーク)

08年7人気3着アイポッパー
(父サッカーボーイ)

いわゆる長距離GⅠ血統保持馬が順当に来る傾向が強いですね。
もっとも、これは昨年も触れたことですが、このレースに出てくるくらいですから、このテーマを満たした馬は非常に多いです(多いからこそ、このレースが純粋な長距離適性を問われるという言い方もできるでしょう)。

したがって、もう少し絞り込んで考える必要が出てきます。そこで注目するべき系統が「トニービン」です。

【京都大賞典とトニービンの血】

16年6人気2着アドマイヤドン
(父アドマイヤドン)

16年2人気3着ラブリーデイ
(母母父トニービン)

15年1人気1着ラブリーデイ
(母母父トニービン)

15年5人気3着カレンミロティック
(父ハーツクライ)

12年7人気2着オウケンブルースリ
(父ジャングルポケット)

12年2人気3着ギュスターヴクライ
(父ハーツクライ)

11年4人気2着ビートブラック
(父ミスキャスト)

09年7人気3着トーセンキャプテン
(父ジャングルポケット)

08年6人気2着アドマイヤモナーク
(母父トニービン)

昨年も、圧倒的1番人気に支持されたキタサンブラックを、ギリギリまで追い詰めたのがトニービン内包馬のアドマイヤデウスでした。天皇賞・春同様、勝ち切らないところがいかにもこの系統らしいですが、人気を問わずコンスタントに馬券圏内を賑わしているという意味では、やはり最も適性のある系統と言っていいでしょう。

ということで、今年もトニービン保持・内包馬にポイントを絞って候補馬をピックアップすることにします。

①プロレタリアト
(父ハーツクライ)

③シュヴァルグラン
(父ハーツクライ)

⑦フェイムゲーム
(父ハーツクライ)

⑫カレンミロティック
(父ハーツクライ)

⑬ハッピーモーメント
(母父トニービン)

⑭レコンダイト
(父ハーツクライ)

複穴という点では⑬ハッピーモーメントが見逃せない存在。加齢によって以前よりズブさが出てきている印象で、今は2400以上の長距離戦がベターでしょう。加えて、休み明け一発目は走らなくなっており、一度使ってから変わり身を見せるというレースを続けています。前走が休み明けの2000。今回がひと叩きした後の2400。タイミング的にはココでパフォーマンスを上げてくるはずです。

月曜日の動画解説はありません。次回の公開を楽しみにお待ちください!



アマゾン・全国書店にて絶賛発売中!
境和樹 単複論!実践編


『単複論!実践編』の購入はコチラ


▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典11月号(好評発売中!!)

コンテンツ一覧