境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

米国血統を重視、サンデー系を嫌う

Follow me
【穴馬券ネオメソッド】

AM1422kHz・ラジオ日本【土曜競馬実況中継】にて『穴馬券ネオメソッド』の血統スナイパー・境和樹が予想を公開!(16時頃より放送予定)

待望の新刊 書店・アマゾンにて絶賛発売中!
境和樹 単複進化論!


『単複進化論!』の購入はコチラ

東京11R 武蔵野S(GⅢ)(ダ1600m)

sakai

武蔵野Sの血統傾向は、以下の2点です。

・父系米国血統重視
・父系サンデー系は過信できない


sakai


圧倒的な優勢を誇っているのが、米国血統です。
特に、米国型ミスプロ(キングマンボ系やマキャベリアンなどを除くミスプロ系というイメージです)とストームキャット系は、好走例が非常に多くこのレースに対する高い適性が証明されています。
また、ボールドルーラー系は主力のタピット産駒が【0-0-0-5/5】で掲示板にすら載ったことがないという点に一抹の不安はありつつも、まだ9回しか出走していないので、評価を決めるのは少し早計だと思います。血統傾向自体は合っているはずなので、実際に7人気3着という穴馬激走例もあることも含めて、この系統も重視する方向で考えていいでしょう。

その一方、どうもこのレースと相性が良くないのがサンデー系産駒です。

sakai


sakai


昨年はゴールドドリームが2着しましたが、このゴールドドリームは翌年、フェブラリーSを制する馬であり、この時点でも同じ舞台で行われる重賞ユニコーンSを勝っていました。能力的にもコース実績的にも、2着でも物足りない内容ということもできます。
また、そのゴールドドリームの父であるゴールドアリュールの東京ダ1600で行われる重賞成績をレース別にまとめてみると、一目瞭然、武蔵野Sだけ極端に成績が悪いことが分かります。
このこともあわせて、武蔵野Sにおけるサンデー系産駒はかなり危険な存在になり得るということが分かります。特に、ユニコーンSやフェブラリーSでも通用しそうなレベルのサンデー系産駒は、コース適性も武器になると見られて人気を集めた場合、かなり危険な存在になると考えておいた方がいいでしょう。

ということで、今年の候補馬は以下の通りとなります。
境和樹Twitter

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

うまスク SNS

全国書店にて好評発売中!!

境和樹 Twitter

コンテンツ一覧