境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編) [2012年7月31日]

ゼンノロブロイ・バイアス?

第60回クイーンS(GIII)

1着○アイムユアーズ
2着△ラブフール
3着-ミッドサマーフェア
4着◎レインボーダリア

ラップ:
12.3-11.4-12.1-12.1-12.3-11.9-11.6-11.7-11.8
時計:1.47.2

非常に惜しい結果となってしまいました。もっとも、最後にああいう形の叩き合いになってしまえば、あとは運の占める要素が多いので、結果自体は納得しています。外枠で振り回された中、◎レインボーダリアはよく走ってくれたと思いますよ。できれば内枠が欲しかったところですが、それも含めて予想であり、競馬ですからね。

勝ったアイムユアーズは、ファルブラヴの洋芝適性を改めて証明した格好。着差は僅かですが、横綱相撲で勝ち切ったことは素直に賞賛するばかり。正直、以前からあまり高い評価をしていない馬ですが、ひょっとしたらかなりのモノなのかもしれませんね。まだ全幅の信頼を置く気はないものの、今後はあまり軽視しない方針にしておきます。
それにしても、常にレースに行って全力を出し切る、頭の下がる競走馬の鏡のような馬ですね。

それはさておき、この週の札幌芝コースは、地味にゼンノロブロイ産駒が大暴れでした。前日土曜日に私が本命にしたニセコ特別8番人気2着のコマノスクアーロが同産駒だったことを皮切りに(バクシンオー産駒に勝たれては世話ないですよね~)、日曜7Rの2600m戦では6番人気のアドマイヤパーシアが逃げ切りを決め、続く9Rではホッコーガンバが1番人気に応えて快勝、そして、クイーンSの10番人気2着ラブフールと続きました。
元々、ゼンノロブロイ産駒は、札幌芝1800mにおいて(3-3-3-8/17)勝率17.6%、連対率35.3%。芝1200mにおいて(2-2-2-5/11)勝率18.2%、連対率36.4%と、抜群のコース相性を実証している存在でした。その現役時のイメージ以上に、2400m以上の距離で強さを見せるスタミナタイプ。その豊富なスタミナ、消耗戦に強い個性が、洋芝の札幌コースにピッタリ嵌るということでしょう。
ゼンノロブロイの大爆発も、ある意味では必然だったということ。今後も、大事な場面で重宝する血統になることでしょう。

【by境和樹】

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧