境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編) [2012年8月14日]

ディープインパクト恐るべし

第47回関屋記念(GIII)

1着ドナウブルー
2着エーシンリターンズ
3着スピリタス

ラップ:
12.2-10.9-11.9-12.0-11.7-11.1-10.4-11.3
時計:1.31.5

極端に内が有利だった今週の新潟芝コース。私が期待したドリームカトラスは、大外枠の時点でかなり厳しかったようです。よく頑張っていたと思いますが、この馬場状態で外々を回らされては苦しかったですね。完敗です。

予想コラムにて、このレースのポイントが「ノーザンテースト系」「ダンチヒ系」にあるという話をしました。今年の勝ち馬ドナウブルーは、母父ダンチヒ系。一応、血統傾向は維持されていると見ていいでしょう。

ただ、今回のドナウブルーに関しては、ダンチヒ系保持馬ということより、ディープインパクトの力による勝利と言っていいでしょう。正直、土曜の競馬が終わった段階で「こりゃドナウブルーかな?」と思い、土曜の新馬戦を見終わって、勝たれることを覚悟せざるを得ませんでした。

≪今週の新潟芝におけるディープインパクト産駒≫
土曜5R芝1600m ショウナンダイチ 1人6着
土曜7R芝1600m サトノヒーロー 5人1着
         スモーキーヴォイス 8人4着
         エポキシ 7人10着
土曜9R芝2200m カナロア 1人1着
土曜10R芝2000m ファタモルガーナ 2人1着
日曜5R芝1600m バリローチェ 1人1着
日曜11R芝1600m ドナウブルー 1人1着

土日通じて8頭の産駒が出走し、5勝の固め打ち。硬い馬場への適性が高いことは承知していましたが、まさかこれほどまでとは…改めてそのスピード適性に感嘆するばかりです。

実は、ディープ産駒は基本的に新潟芝とあまり相性が良くありませんでした。新潟芝に限るとその連対率は23.2%。これは、全10場の芝コースの中で最低の数字。出走数がほぼ同じ中山で28.7%、出走数トップの京都にいたっては31.4%ありますからね、新潟の数字はかなり悪いものと言えます。
にもかかわらず、この大暴れですからね。馬場が硬く、時計が出るようになるとこうもパフォーマンスを上げるものかと、私なんぞは驚きが倍増しているわけです。

この結果を受けて、ちょっとディープインパクトを本気で研究してやろうかという思いを強くしております。基本的には「ベストはマイル。時計勝負に滅法強い」という理解で問題ないと思いますが、馬場硬化、高速化に伴い走りが一変している今の新潟の傾向を見ると、逆に、そこにこそ意外な弱点があるような気もしています。かつてサンデーサイレンスがそうだったように、今後の競馬は、間違いなくディープ産駒の取り扱い方で馬券の勝敗が決まってくることになるでしょうから。

【by境和樹】

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧