境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編) [2012年9月18日]

ド縦目…

第66回セントライト記念(GII)

1着○フェノーメノ
2着▲スカイディグニティ
3着…ダノンジェラート

ラップ:
12.4-11.0-11.8-12.2-12.8-12.4-11.8-11.7-11.5-11.4-11.8
時計:2.10.8

それにしても強烈なド縦目でした。
勝ち馬フェノーメノは、このレースで好走馬を出しているステイゴールド産駒でケチの付けようがないと対抗評価、2着スカイディグニティも母父ノーザンテーストの有用性を指摘した上で▲評価。3着ダノンジェラートには少々驚きました(500万を勝ったばかりでこの走りは立派の上に立派が付くくらい素晴らしいもの)が、血統的にはピンポイントで嵌っているレース。自分のヒキの弱さを恨むしかありません。
負け惜しみを言うわけではありませんが、スカイディグニティってあんな人気ないんですか?前走の敗因は出遅れとはっきりしていましたし、今年のメンバーならもうちょっと評価されると思っていたのですが…。まあ、そんな人気の読みも含めて予想ですから、これは誰のせいでもありません。それよりも、中山巧者のロベルト系という視点も加えれば、血統的にはかなり高評価できる存在、これをキッチリ本命にできなかったことが、少々悔やまれます。
なお、フェノーメノはここでは役者が一枚違っていたかのような勝ちっぷり。今後のローテーションは分かりませんが、どこに行っても恥ずかしい競馬はしないでしょう。
最後に本命馬クリールカイザーについて。かなり折り合いが気になっていたようですね。抑え込んで後方待機、終いには最後方まで下がっていました。強い馬が前を飲み込み、後ろから来る馬には嵌った流れだったとは思いますが、それにしても位置取りが悪すぎました。直線ではちょっと寄られるシーンもありましたしね。
私の勝手なイメージでは、山藤賞を勝った時のような、好位付けからの雪崩れ込みをしてくれるはずだったんですが、まあ、使うごとに気難しくなってきているのでしょう。そこを軽視してしまったのは失敗でした。

結果は出ませんでしたが、血統的なポイントとしては間違っていません。来年も、この傾向を意識して馬券になる馬を探そうと思います。

一応、日曜に行なわれたローズSにも少し触れておきます。

例年の傾向が一切当て嵌まらなかった一戦でしたが、それもこれも、全てハナズゴールが回避したことに端を発したのではないかと思っています。
レースを見れば一目瞭然、ハナズゴール不在がジェンティルドンナにもたらした効果は非常に大きかったですね。何しろ、負かせばいい相手がヴィルシーナ1頭になったわけですから。
今までのレースを見ていれば(岩田騎手が自分で乗ったことがあることも含めて)、決め手比べでヴィルシーナに後ろから差されることはないと判断できます。そして、当面の敵が、そのヴィルシーナだけなのであれば、『それより前にいればいい』という極めて簡単な結論に達します。もちろん、それを実際にやってのける馬も人もスゴイことは当然ですが、もし、ハナズゴールが後ろに控えているとなれば、話はそう簡単ではなかったはず。あれには差されるかもしれないと考えますからね、位置取りももう少し変わっていたことでしょう。
「この結果じゃ、ハナズゴールがいても同じだった」と考える人は多いと思いますが、そうでもなかったと思います。あの馬がいれば結果も含めて全然違ったレースになっていたことでしょう。1頭の存在というのは大きいんですよね。
私が期待したトーセンベニザクラは、見るも無残なドン詰まりを食らって脚を余してしまいました。「まともなら2着争いには加われた」という鞍上のコメントがあったそうです。まあ、ジェンティルドンナが頭にいては、仮にトーセンが来ていても何も起こらないわけですが、う~ん、無念…。

競馬ファンの皆様、3日間開催お疲れ様でした。色々な意見はあるでしょうが、3日間も馬券が買えるというのは、やっぱりいいものですね。また来週もよろしくお願いします。

【by境和樹】

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧