境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編) [2012年11月13日]

ヴィルシーナ、本当に惜しかったですね。。。

第37回エリザベス女王杯(GI)

1着-レインボーダリア
2着○ヴィルシーナ
3着△ピクシープリンセス

ラップ:
13.0-11.3-12.9-12.6-12.6-12.9-12.7-11.9-11.5-12.5-12.4
時計:2.16.3

基本的な方針としては間違っていなかったと思います。かなり可能性のある存在だと見込んでいたピクシープリンセスが3着。1000万を勝ったばかりの馬が、なぜ4番人気だったのかは分かりませんが、血統的に母系がかなり欧州色の強い存在で、タフなこの舞台での好走は可能性の高いものだったと思います。これに◎を打てない私の“細さ”は如何ともし難いのですが、一応、傾向通りの結果が出たことには満足しています。絶対王者が現われでもしないかぎり、来年以降も使える傾向だと思います。

『エリザベス女王杯は、欧州スタミナ血統を狙え』

これは来年以降の指針として改めて記しておきたいと思います。

それにしても、残念だったのはヴィルシーナ。相変わらず、最強の競馬はしているんですけどね~。この馬以外、前に行った組は揃って沈没していますから。4角手前で手応えが悪くなるのはいつものこと。直線に向いて本追いを開始すると、しっかり伸びていました。普通は勝っている競馬だと思います。
惜しむらくは、この馬の個性がバレてしまっているため、絶好の目標にされてしまうことでしょうね。今回のみならず、ジェンティルドンナもそうやって三冠を勝ち進んだわけですから。相手のパフォーマンスを上げてしまうとでもいいましょうか、本当に惜しいキャラです。
しかし、この馬が『常にマークされる“唯一の”強敵』として戦い続けてきたことは紛れもない事実。これから先は、他にも強い馬がたくさんいる状況で走れるでしょうから、『あの馬さえ負かせば…』という存在になることもありません(他にも負かさないといけない馬が他にもいるという意味です)。これは、逆に言えばヴィルシーナにとって大チャンスでしょう。能力があることは分かりました。むしろ、これから先、チャンスは広がったと見るべきだと思います。バテずに伸びる、併せて渋太い、血統的な適性は別として、天皇賞・秋あたりに合いそうな馬ではないでしょうか。捲土重来に期待したいところです。

本命馬クリスマスキャロルについて。スタート直後に位置を取りに行き、道中は中団追走。結果的に勝負に行ったがために、ジリジリになってしまった感じです。これはもうしょうがありませんね。大舞台で脚を余すよりよっぽどマシだったと思います。タイプ的には合っていたはずですし、人気的にも絶好のお買い得商品。本命にして悔いはありません。

最後に、デムーロ騎手の手腕は本当に見事でしたね。一か八かの乗り方だったという見方もできますが、他馬が荒れ馬場を嫌って外々を回った向正面で、1頭だけ内ラチ沿いを回っていたところが光ります。あそこで無駄な体力を使わなかったことが、最後の伸びに繋がりました。
見るべき点は、馬の道悪適性(馬場の悪いところを通っても大丈夫という判断)を正確に見抜いていたことと、道悪競馬を知り尽くしていたこと。道悪の本場でシノギを削っている人は、やはり違いますね。一つ前のアドマイヤラクティをしっかり糧(?)にするあたりも、トップジョッキーのワザというヤツでしょう。

【by境和樹】

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧