境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編) [2013年7月9日]

ダブル重賞の回顧

第18回プロキオンS(G3)

1着アドマイヤロイヤル
2着セイクリムズン
3着ダノンカモン
:
10着◎ナガラオリオン

ラップ:
12.1-11.0-11.0-11.5-12.0-11.8-12.5
時計:1.21.9

勝ったアドマイヤロイヤルは昨年に続いての好走。芝にも実績がある馬で、こういうタイプが中京ダ1400mには向いているんだと思います。四位騎手もわざわざ函館から乗りに来た甲斐がありましたね。
本命に推したナガラオリオンに関しては、残念ながら完全に力負けでした。まだ高いレベルのレースの経験が不足していました。適性の差で覆せる範囲を超えていたようです。なぜか実況で何度も名前が呼ばれていましたが、伸びかかったのは一瞬でしたし、後方にいればあれくらいの勢いになるのは当然のこと。先着した馬はどれも格下か終わっているような馬ばかりでしたから、ぐうの音も出ない完敗と言うほかありません。

それにしても中京のダートは難しいですね。前残りがあったかと思えば差し馬台頭のケースもある。それがペースや時計によってコロコロ変わるわけです。「芝、ダート兼用」というテーマに沿ったアドマイヤロイヤルが勝ったとはいえ、まだまだ掴み切れないという印象は拭えません。今度もしばらくは慎重に攻める必要がありそうです。馬券は芝を中心に買った方がいいでしょう。


第49回七夕賞(G3)
1着マイネルラクリマ
2着トレイルブレイザー
3着タガノエルシコ
:
13着◎ケイアイドウソジン

ラップ:
12.1-10.7-10.9-12.3-12.6-12.3-12.1-12.1-11.7-12.1
時計:1.58.9

勝ったマイネルラクリマは、能力的な面はもちろん、レースに対する適性も完璧に備えていました。堂々たる勝ちっぷりでしたね。日曜の福島芝は、標準より少し時計の掛かる設定でしたから、それを考えれば時計も極めて優秀。今後もローカル重賞では有力候補でいつづけることでしょう。
一方、マックスドリームダコールエクスペディションあたりは、今回に関しては適性が逆。これは適正な条件に使ってくればすぐに巻き返せると思います。評価を落とす必要はないでしょう。

予想自体に関しては、ひとこと、読みが甘すぎました。猛反省です。
ケイアイドウソジンはテンがあまり速くない先行馬。同じようなものだとタカを括っていたラッキーバニラは騎手が江田照騎手。この時点でああいった競り掛けは想定できることでした。さらに、勝ち馬マイネルラクリマの好位付けからのマクリ。これも馬場傾向を考えれば当然の話。4角手前でかなり苦しい立場におかれることは容易に想定できたこと、いや、しなければならないことでした。
3着タガノエルシコは若干本命も考えた馬でしたが、テンの脚がないことを理由にバッサリ。内枠を引いたわけですからイン差しで3着滑り込みはあり得る話でしたね。これが正解でした。ケイアイドウソジンが前に行って雪崩れ込ませてもらう可能性と、タガノのイン差しが嵌る可能性、結果論ではなく後者を選ぶべきでした。レース自体のイメージをもっと膨らませていれば辿りつけた結論だったと後になって猛省するばかりです。

内が止まりそうで止まらず、外が伸びそうで伸びないという特異なトラックバイアスが発生していた福島芝コース。もうちょっと上手く活かせなかったものか?と反省が残る週末でした。

【by境和樹】

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧