境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編) [2014年1月14日]

課題は残るが…

第48回シンザン記念(G3)

1着ミッキーアイル
2着ウインフルブルーム
3着タガノグランパ

ラップ:
12.2-11.5-11.8-12.4-11.8-11.3-11.0-11.8
時計:1.33.8

まず、月曜日のフェアリーSは◎ニシノアカツキが頑張ってくれました。10番人気2着、複勝640円なら上出来でしょう。このレースは、こういった重たい欧州血統を持った馬が好走しやすいレース。また、1800m以上の距離経験があったのも良かったですね。傾向通りの決着になってくれたことで、来年のこのレースも楽しみになりました。
あと、今の中山で外枠を引けたことも大きかったですね。『中山マイルは外枠が不利』が定説であることは皆様もご存じかと思いますが、当然、ケースバイケースです。実際、今回はリラヴァティと二択まで行って、最後の決め手にしたのが『外を引いたから』ということでした。この判断は個人的にファインプレーだったと思っています。

まあ、当たったレースは予想コラムを見返しておいてください、と言うだけなのであまり書くこともありません。日曜のシンザン記念を振り返っておきます。


不利と言われる外枠を引いたことに始まり、土曜日から微妙な外差し傾向。ミッキーアイルにとって決して楽な状況ではなかったと思いますが、そこはディープインパクト産駒。先週の回顧コラムでも指摘した通り、この血統は逆境に強いですからね。状況が不利になればなるほど、『ああ、来そうだなぁ』と漠然とした思いに駆られてしまいました。案の定の結果。これでマイルCS、京都金杯、シンザン記念とディープ産駒は京都芝1600m外の重賞を3連勝。いやはや、恐ろしい限りです。

ウインフルブルームが最内枠を引いたことにより、「ひょっとしたらハナを譲るのでは?」という憶測が飛んでいたようですが、スタートして数完歩で大勢は決まりましたね。戦前、マスコミのインタビューで「行けなければ番手でも」というようなコメントを騎手、厩舎ともに出していたのは、それでウイン陣営を油断させる作戦だったのかもしれませんね。「ああ、無理して来ないならユッタリ行けるかな」と思わせておいて、ダッシュを利かせてハナを奪う…なんて、その辺りは私が知るところではありませんが、何せよ、ミッキーアイルは行ってナンボの馬ですからこの作戦がベストでした。
ちなみに、先週の京都は土曜日こそ前週同様の時計の出やすい馬場でしたが、日曜は少し掛かっていたと思います。それを考えれば1.33.8秒という時計は優秀です。この馬の凄いところは、時計の出にくい馬場でも速い時計で走れるということ。一度、ツルツルの超高速馬場で走らせてみたいですね。意外にパフォーマンスを落とすかもしれませんが。
今回も逃げ切り勝ちだったことで、「まだどうなるか分からない」とも言えますが、京都の内回りを逃げ切った後に、馬場質も坂の有無も真逆の中山マイルを逃げ切り、今度は逃げ切りが難しいとされる京都芝1600m外を逃げ切り。これはもう能力の絶対値が高いんだと思いますよ。逃げ馬って、意外と評価されないことが多いですが、この3連勝の内容を受けてこの馬の能力を低く見積もる必要はないと思います。かなり走るんじゃないですかね。

穴狙いの正解は3着タガノグランパでした。予想コラムで指摘したテーマも満たしており、一応、候補馬には数えていましたが、中途半端な人気になることは目に見えていましたし、あんまり買う価値はなかったかなと。まあ、来年以降も穴を狙うならこういう馬ですよね。1400mくらいに適性がありそうなジリジリタイプで、内枠を引いた馬、これは来年まで覚えておきたいですね。

また、今回は12番枠の馬が勝ちましたが、基本的にはやはり内枠有利のレースだと思います。典型的な負け方をしたのが5着モーリス。外枠を引いて先行させるとこのレースはまず来ません。ミッキーはハナを切ったから良かったんでしょうが、モーリスのような中途半端な位置取りが一番枠の影響を受ける、それがシンザン記念、というよりこの時期の京都マイル重賞の特徴だと思います。内田博騎手は、去年もカオスモスで同じ負け方をしているんですよね。2年続けて枠に泣かされたと言えるでしょう。

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧