境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編)

波乱決着を生んだもの

第31回フェブラリーS(G1)

1着コパノリッキー
2着ホッコータルマエ
3着ベルシャザール

ラップ:
12.4-11.3-11.8-12.5-12.6-12.0-11.5-11.9
時計:1.36.0

昨年秋から、様々なところで『ダートのゴールドアリュールはしばらくブレイクしますよ』と言い続けてきた私ですが、まさかこんなところでしっべ返しを食らうとは思ってもいませんでした。レース後、ツイッターに「境さんの言うとおり、素直にゴールドアリュールを買っておけばよかった」という内容のコメントを幾つか頂戴しましたが、いやいや、それは無理でしょう。強いて言えば、「上の4つが抜けて強いから、馬券はガチンコで負かし得る馬に託すべき」という着眼点から、「この舞台で上位馬をまとめて負かすならゴールドアリュールしかないでしょ!」という筋道でしょうか?う~ん…さすがにそれは終わってからでないと言えません。

まあ、元々は能力のあるところを見せていた馬で、最低人気になるような馬ではなかったかもしれませんが、長期休養を挟んでからの2戦がともに散々でしたからね。なかなか目を付けにくいところだと思います。しかも、全盛期にガチンコで負けたのが東京マイルのヒヤシンスS。仮にこの馬に気付いても、そのヒヤシンスSで先着しているソロルの方まで行ってしまいますよね。ロベルト系だし。

この波乱決着を呼んだのは、やはりペースだと思います。時計の掛かる馬場だったことから、1.36.0秒という平凡な時計自体は特に何とも思わないのですが、やはりペース。半マイル通過48.0秒、そして、1000m通過が60.6秒。
過去、フェブラリーSが1分36秒台で決着した年は2度。トランセンドが勝った2011年(1.36.4)とアドマイヤドンが勝った2004年(1.36.8)なのですが、ちょっと比較してみましょう

2011年 前後半マイル47.9-48.5秒 1000通過60.1秒
2004年 前後半マイル48.2-48.6秒 1000通過60.8秒

2014年 前後半マイル48.0-48.0秒 1000通過60.6秒

このレースが、イーブン、後傾ラップになったのは、おそらく今年が初めてだと思います。それくらい、道中でペースが上がらなかった。結果的に上がり3ハロンだけの決め脚比べになるわけですが、それ以上にペースが上がらないがゆえに馬群がバラけず、差し馬勢は進路を探すのに手一杯という状況に陥ってしまいました。結局、正攻法の競馬をした2頭が1、2着し、地力でベルシャザールが3着まで追い込んだという形になっています。
戦前から行く馬がおらず、スローになりそうだと読んだ方は大勢いらっしゃったと思いますが、まさかここまでとは…。前にいたのが人気薄だったということも、余計に後続を金縛りにした原因だったのでしょう。いやはや、流れというものはかくも恐ろしいものなのですね。

私が期待したベストウォーリアは、この展開で内枠がモロに響いてしまった格好。パトロールビデオを見る限り、横にしか進んでいません。進路を探しているうちにゴールを迎えてしまったという感じでしたね。もっとも、開いてもどこまで来たかな?という感じも同時に受けましたが。
自分で本命にしておいて言うのも何ですが、明らかな過剰人気だったと思います。正直なところ、どう転んでもこの決着だと私の馬券はないのですが、この人気を読めなかったことが最大の敗因かもしれませんね。

またいずれお話できる機会があると思いますが、実は、このレースの日はちょっと色々と大事な日でして…。何とかしたかっただけに無念の一語です。

気を取り直してまた来週から地道にやっていく所存です。またよろしくお願いします。

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧