境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編)

ダブル重賞の回顧

第63回ラジオNIKKEI賞(GⅢ)

1着ウインマーレライ
2着クラリティシチー
3着ウインフェニックス

ラップ:
12.2-10.4-11.6-11.9-12.1-12.3-12.0-11.7-11.7
時計:1.45.9

テーマは『持続力』にあるこのレース。今年もそのテーマに沿った決着にはなったと思います。勝ったウインマーレライは、マツリダゴッホ産駒。マツリダゴッホといえば、現役時代は中山の鬼として名を馳せていましたが、当時から言ってきたとおり、この馬は中山の鬼というより、非根幹距離の鬼。ということで、持続力の要求される流れには適性がピッタリあるわけです。これでマツリダゴッホの個性はあらかた把握できたと思います。基本的にはダラダラ脚を使う競馬に向いていて、ローカルコースでより特性が活きるタイプ。今後も夏場の重賞を賑わす機会は増えるでしょう。

2着クラリティシチーは、いかにも小回りらしい大味な競馬で2着に間に合うわけですから、地力が一枚上だったということでしょう。逃げて勝った後にあの競馬はなかなかできませんからね。

3着ウインフェニックスは、スズカフェニックスに母父アグネスデジタル。なるほど、予想の段階ではほとんど気にしていなかったのですが、終わってみるとテーマを満たした存在だったかもしれません。アグネスデジタル産駒を本命に考えたわけですから、これにももう少し注意を払わなければいけませんでした。

本命に期待したオウケンブラックは、ゴール前で明らかに追うのをやめていましたね。一瞬、故障したかな?と思ったのですが、おそらく前が狭くなったのでしょう。勿体無い競馬でした。


第50回CBC賞(GⅢ)

1着トーホウアマポーラ
2着エピセアローム
3着ニンジャ

ラップ:
12.1-11.0-11.1-11.3-11.4-11.7
時計:1.08.6

これは完全に失敗。アドマイヤコジーンとマンノウォー系がこのコースと相性が良いこと自体は、結果が示していることなので事実なのですが、そこから少し論理が飛躍してしまったかもしれません。特に驚きだったのが3着ニンジャ。これは完全に高速耐性が高いタイプで、来られてしまうと一番困ってしまうという馬でした。しかも、左回り実績が今まで全くなかった馬。この激走には正直参りました。

また理論を組み立てなおさないといけません。来年以降もこのレースは掴みどころがない難解なレースとなるでしょう。勝ち馬が母父アンブライドルズソングで、コジーンがまた絡んだことから、米国色の強い血統が良いという方針になるのあかなぁ…まだもう少し検証したいところですが、また1年後に頭を悩まされることになりそうです。

境和樹 単
複論



▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧