境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編)

ダブル重賞の回顧

第50回新潟記念(GⅢ)

1着マーティンボロ
2着クランモンタナ
3着ラストインパクト

ラップ:
12.9-11.3-11.7-11.4-11.7-12.2-11.9-11.7-11.1-12.4
時計:1.58.3

ディープ産駒に1~3着を独占されてしまってはぐうの音も出ませんが、そのディープ産駒の中でも注目馬に数えていたクランモンタナが一応の穴馬になってくれたことは不幸中の幸いです。少なくともこの馬に関してはキャラを見間違えていなかったなと。悲しいほど希少な成果ですが、この母系は完全なスタミナタイプで、タフな流れになればなるほど強さを発揮します。キャプテントゥーレの皐月賞が一番分かりやすい例ですよね。このクランモンタナも、タイプ的に取りこぼすことは多いでしょうが、もっと極限のスタミナが問われるような競馬で、どこか穴を開けると思っています。天皇賞・秋が道悪になったら……なんて勝手な想像をしているんですが、そこまでに賞金加算という厳しい命題があるので、あまり大きな声では言わないようにします。

勝ったマーティンボロは、ここにきてグンと力を付けた印象があります。昔は素質だけで走っている印象がありましたが、これも遅生まれらしい成長曲線と言っていいんでしょうか(5歳夏にまでなって、いまさら遅生まれもない気はしますが)?いずれにしても、結構走ると思います。今なら、もう少し上の舞台でも活躍できそうです。

3着ラストインパクトはどうも噛み合ってきませんね。個人的には、超スローの上がり勝負を制した松籟Sがこの馬のベストパフォーマンスだと思っていて、『マイルくらいが合いそうだなぁ』と思っているのですが、あまり陣営にその気がないようです。


第34回小倉2歳S(GⅢ)

1着オーミアリス
2着レオパルディナ
3着スノーエンジェル

ラップ:
11.9-10.3-10.8-11.4-11.6-12.4
時計:1.08.4

う~ん……これは正直全く分かりません。2着レオパルディナに関しては、まあ言うても2勝馬ですし、同日の小倉芝1200mでやたらとダンチヒ系が来ていた(4Rの母父バチアー、母父グランドロッジ。8Rの父インビジブルスプリット)ので、血統面からも何となく理解はできるのですが、勝ったオーミアリスはねぇ。ホワイトマズルにニジンスキー系ですから、私の設定したテーマとはほぼ真逆の存在。これに来られてしまうとどうしようもありません。完敗です。

ちなみに、時計をベースにしたレースレベルに関してですが、この日の小倉芝はだいたい-0.5秒くらいの馬場差だったと考えられますので、それを差し引くと1.08.9秒。まあだいたい標準くらいかなという程度。抜けて高いレベルではありませんし、ハッキリ言ってしまえば、今後の活躍はかなり厳しいでしょうね。その意味でも、この結果はすぐに忘れた方が良さそうです。

今週で夏競馬が終了です。7月は重賞連続的中などもあり、なかなか調子が良いかな?と思いましたが、その後がいけません。ご参考いただいている皆様にはご迷惑をお掛けしてしまいました。申し訳ありません。

秋競馬も引き続きご愛顧いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。

境和樹 単
複論



▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧