境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編)

来年以降が勝負ドコロ?

第66回朝日杯フューチュリティS(GⅠ)
1着ダノンプラチナ
2着アルマワイオリ
3着クラリティスカイ

ラップ:
11.9-11.0-12.0-12.4-12.5-12.2-11.3-12.6
時計:1.35.9

終わってみれば、メンバー唯一のディープインパクト産駒であるダノンプラチナが勝利。昨年の阪神JFもハープスターが唯一のディープ産駒という状況で連対を果しましたが、今年も、先週のショウナンアデラに続き2歳GⅠで同様の事態が起こったことになります。これを持っていよいよ、来年の両レースでもディープ産駒の取捨がクローズアップされることでしょう。
ただ、先週のショウナンアデラと今週のダノンプラチナが、ともに母系にダートっぽい馬力血統を持っていたこと、昨年のハープスターが1400m巧者のファルブラヴを母父に持っていたことから、共通項としては『ディープ×持続力血統』というのが、この両GⅠにおける血統セオリーになったということだと思います。阪神マイルのドル箱血統である『母父カーリアン』との絡みが難しいところですが、基本的にはディープが勝ったことはもちろん、その母系にも注目するべきでしょう。現時点では何とも言えませんが、来年以降、ディープ産駒が複数頭出走してきたときが本当の勝負ドコロだと思いますね。

その背景として、上位馬に1400mっぽさという要素がちゃんと存在していたという事実があります。
2着アルマワイオリは1400m実績馬でしたし、3着クラリティスカイは阪神JFの注目血統であるクロフネ産駒。大枠では阪神芝1600m重賞のアプローチ方法で導かれる範囲の決着だったわけです。

『とりあえず、ディープ買っとけばいいんでしょ?』と、今年の結果から来年の阪神JF、朝日杯FSは血統的に簡単なレースと位置付けられる可能性があります。だからこそ、個人的には複数頭の産駒が出走してくることを期待したいです。昨年のハープスターから続いた、『ディープの1400配合』という真のテーマがそこで証明されると思います。
とりあえず、年が明けたところのアーリントンC、チューリップ賞あたりで実践例を重ねられればいいですね。

本命に期待したナヴィオンについて。
レース後の騎手コメントによれば、『可哀想なくらいノメっていた』とのこと。血統的にはこなせる下地があったと思いますが、実戦するとなるとそう簡単ではないのが競馬の難しいところです。

最後に余談を。
ナヴィオンの予想コラムの中で、母父ラストタイクーンの阪神マイル適性について言及しましたが、それを見た某スタッフから『古いっすね~』というコメントをもらいました。まあ、後押し的な材料だと思って付け加えただけなので、あくまで補助事実としての強調点でしたが、終わってみれば2着アルマワイオリの祖母は、かつての阪神JF(当時は阪神3歳牝馬S)の勝ち馬スエヒロジョウオーでした。古い話もあながち捨てたもんじゃありませんね。

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧