境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編)

小倉記念・レパードSの回顧

第53回小倉記念(GⅢ)
1着タツゴウゲキ
2着サンマルティン
3着フェルメッツァ

ラップ:
12.3-10.8-11.3-12.3-11.6-11.5-11.9-11.9-11.8-12.2
時計:1.57.6

今年も来ました、トニービン!いやはや、本当にこのレース適性は凄まじいものがありますね。今年は6番人気フェルメッツァを3着に引っ張り上げました。向正面からピッチが速くなり、ゴール前でラップが急落するいわゆる消耗戦。そこで持ち味である底力をフルに活かした格好。ラストで4着馬ベルーフと壮絶な叩き合いになりましたが、あそこを凌げるのがトニービンの底力なんですよね。そして、それが毎年のように要求されるのがこの小倉記念というレース。来年以降も、必ずトニービン系保持馬を探した方がいいでしょう。

勝ったタツゴウゲキはデムーロ騎手の乗り替わりによって、急遽秋山騎手に乗り替わりとなりましたが、好枠を利してロスなく運び、直線も内に固執して叩き合いを制しました。奇しくも、七夕賞でフェルメッツァに乗っていたのが秋山騎手、そして、その当時もほとんど同じような乗り方をしていましたね。このあたりは不思議な縁を感じるところです。
2着サンマルティンはハービンジャー産駒。ハービンジャーは小倉芝2000と非常に相性の良い種牡馬で、土曜日にも都井岬特別で同産駒のエッジースタイルが勝っています。この小倉記念でも(今回は4着でしたが)ベルーフが2年連続2着。ひょっとすると、この先、トニービンを脅かす存在になるかもしれません。要警戒です。
レース振りとしては、絶妙なタイミングでマクりを打ったと思いますが、勝ち馬の立ち回りが一枚上という格好。内容的にはサンマルティンの方がタツゴウゲキより上だったと思います。

人気に推されたストロングタイタンは8着凡走。成績を見れば一目瞭然、明らかに重賞とその他のレースで壁があります。こういう馬はいるもので、相手が強くなると本来のパフォーマンスを発揮できなくなるタイプなのかもしれません。勝つ時の迫力と負ける時のあっけなさがハッキリ分かれすぎています。今後も取り扱いには注意した方がいいでしょうね。


第9回レパードS(GⅢ)
1着ローズプリンスダム
2着サルサディオーネ
3着エピカリス

ラップ:
12.3-11.1-12.7-13.1-12.5-12.8-12.9-12.7-12.8
時計:1.52.9

珍しく荒れた今年のレパードSですが、勝ち馬は予想ポイントにも挙げていた『前走JDD組』で、これまで3着内を外したことがなかった1番人気が3着。ある程度傾向に即した結果だったとは思います。
3歳のダート戦線は、いまだに整備されているとは言えず、地方交流重賞を含めても大きなタイトルが少ない現状。だからこそ、このレースには現状のダート戦線のトップクラスが集まります。そうなると、必然的に力量差を問われることが多くなり、その力量が最も優れていると考えられるであろう成績の馬(1番人気)、同じくトップレベルが集うレースを経験している馬(前走JDD組)が好走しやすくなるという構図が生まれます。その着順の入れ替わりは適性、状態や展開面といった様々な要素によるわけですが、大枠としては“世代トップレベルの争いである”という認識が大事になるわけですね。

一番惜しい競馬をしていたのは3着のエピカリス。見ての通り、直線でスペースがなくなってしまい、抜け出すタイミングを完全に逸してしまいました。その分で脚が溜まったとはいえ、あれだけロスがありながら3着ですからやはりこの世代のダート路線ではこの馬が一番上なのでしょう。
一方、勝ったローズプリンスダムは、好スタートを決めてジッと内で我慢。直線は内ラチ沿いから外までカニ歩きして進路を確保するという、かなり大胆な騎乗でした。もっとも、直前にいたエピカリスが先述の通りドン詰まりを食らっていますから、結果的にはこの判断が正解だったということ。
普通、前を行くのがエピカリスだから、その後ろをついていけば進路は確保できるだろうと考えるのが常識的かと思いますが、それだとガチンコ勝負でエピカリスを交わさなければならず、良くて2着という結果になりがち。それはそれでクレバーな乗り方だということになる場合もあると思いますが、今回はあくまで勝つことに主眼を置いた結果。それがピタリと嵌りましたね。
成績を見ると、典型的なカスタネットホース。これだけ綺麗なカスタネットは、最近だとテイエムグンカンくらいしか思いつきません。次走はおそらく凡走するでしょう(笑)。そして、その次で勝つ。

私が期待したノーブルサターンは、外枠だったためハナに行くことはできませんでしたが、外目で揉まれず競馬ができたことで、最後まで踏ん張ることができました。一瞬は突き抜けるかと思わせるシーンまでありましたから、力は出し切ってくれました。


待望の新刊!境和樹の【単複論! 実践編】 絶賛発売中!
境和樹 単複論!実践編
『単複論!実践編』の購入はコチラ

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典11月号(好評発売中!!)

コンテンツ一覧