境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編)

天皇賞・春の回顧

第157回天皇賞・春(GⅠ)
1着レインボーライン
2着シュヴァルグラン
3着クリンチャー

ラップ:
13.0-11.2-11.4-12.0-12.5-12.3-12.0-13.2-12.6-12.6-12.8-12.6-12.1-12.1-11.4-12.4
時計:3.16.2


おそらく、1年で一番「ハーツクライ」という単語が飛び交ったであろう週末が終わりました。

そのハーツクライ産駒は、今年もしっかり馬券には絡みました。ただし、2着まで。
もちろん、勝ち馬の的になる形は厳しく、前走大敗から巻き返したということを考えても、シュヴァルグランの価値は下がるどころ上がったと思いますが、結果的に『ハーツクライは天皇賞・春で2着止まり』というこれまでの傾向は踏襲されることになりました。

適性があることはハッキリしていながら、単勝期待値が極端に低い。ある意味でなかなか扱いづらい血統理論なのかもしれません。

個人的には、天皇賞・春=ハーツクライという図式が一般にも知れ渡っている今だからこそ、「ハーツクライは2着まで」というポイントに焦点を当て、他の血統の単を狙うレースという位置づけで予想を展開するのもアリかな? と考えました。もちろん、ハーツクライ産駒が上位人気を占めているという条件は付きますが、これもひとつの血統活用法だとは思うので、一考の価値はありそうです。

ただ、話が行ったり来たりで申し訳ないのですが、5着チェスナットコートは早くも来年のこのレースで主役候補に決まりました。

今年のチェスナットコートは、天皇賞・春で期待値が低い穴人気のパターン。
一昨年のシュヴァルグラン(3人気3着)、昨年のシャケトラ(3人気9着)に続き、「57キロの経験すらない上がり馬の58キロ」というパターンに該当していたからです。
ハンデ戦ほどではないにしろ、やはり58キロという斤量は馬にとっても厳しいものなはず。それをいきなり背負わされる、しかも、一気の斤量増でとなると、これは楽ではありません。にも関わらず、勢いを支持されて人気になるのは、馬券という点で考えてもリスクがリターンに勝ってしまいます。
つまり、その不利な状況で掲示板を確保すれば上出来というもの。この経験を糧にした来年は、非常に楽しみだと思います。ただし、ハーツクライ産駒なので良くて2着までだとは思いますが。

それにしても、まさかチェスナットコートがここまで人気にになるとは思っていませんでした。改めて、天皇賞・春におけるハーツクライと内枠の重要性が広く知れ渡っているのだなぁと思わされました。

私が期待したハーツクライ産駒サトノクロニクルは、ちょっと強引な競馬になってしまいましたか。もう少しスムーズな競馬をする馬というイメージがあったので、気性の面で少し難しさが出てきているのかなと感じました。前走の阪神大賞典における勝負処のズブさも、コース形態というより気性的な問題なのかもしれません。


待望の新刊 書店・アマゾンにて絶賛発売中!
境和樹 単複進化論!


『単複進化論!』の購入はコチラ
▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

境和樹Twitter

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

友だち追加

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧