境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編)

小倉記念・レパードSの回顧

第54回小倉記念(GⅢ)
1着トリオンフ
2着サトノクロニクル
3着マウントゴールド

ラップ:
12.5-11.2-11.9-12.5-11.9-11.7-11.7-11.1-10.9-11.5
時計:1.56.9


5F通過から11秒台が並ぶ持続力ラップ。血統的にも唯一のトニービン内包馬だったハーツクライ産駒サトノクロニクルが好走。ほぼ例年通りの小倉記念だったと思います。

勝ったトリオンフは、こういった持続力ラップに強い馬なので、この勝利も納得。逃げ馬を番手でマークする形から早めスパートで後続を突き放す強い内容でした。

2着サトノクロニクルは、血統的にこれくらい走れて当然だったと思いますが、相変わらず気が悪いですね。
スタートしてからステッキが何発も入り、4角でも前に追いつくのにデムーロ騎手が懸命に叱咤していました。普通、こういうズブいタイプは距離が延びてパフォーマンスを上げるものですが、これまでの戦績からおそらくこの馬はステイヤーではありません。長距離っぽいズブさではなく、単純に気性の問題で動きたいときにスッと動けないものと思われます。

それでここまで走るのですから、ローカル重賞くらいなら手が届きそうなものですが、同じくらい取りこぼしの危険性も高いので、(今回のような鉄壁の血統的なバックボーンがある場合を除き)なかなか本命にはしづらいですね。

収穫があったのは3着マウントゴールド。いわゆる高速雪崩込みの形になったことで、後続が走り切れないという展開の利はあったにせよ、強い勝ち馬にマークされる厳しい展開でよく踏ん張ったと思います。これが重賞初挑戦でしたから余計に価値は高いと思います。


第10回レパードS(GⅢ)
1着グリム
2着ヒラボクラターシュ
3着ビッグスモーキー

ラップ:
12.6-11.6-12.4-13.0-12.3-12.3-12.8-12.5-12.5
時計:1.52.0

小倉記念がいつものパターンだったのに対し、1番人気もJDD組も馬券に絡まない異例の結果となったレパードS。もっとも、こちらはまだ10回しか歴史がないレースですから、こういうことも起こり得たということなのかもしれません。

まず、1番人気で負けたグレートタイムについて。

これはもう状態面が本当じゃなかったのでしょう。スタートしてから前進気勢を欠き、ルメール騎手がポジションを押し上げようとしてもなかなか進んでいきませんでした。直線は何とか格好は付けましたが、前を捕らえるには遠く及ばず。今年に入ってもう7戦目。途中で休みを挟んでいたとはいえ、少し使い過ぎだったかもしれません。加えてこの暑さ。難しいものです。

2着ドンフォルティスも馬群で少し窮屈な競馬になりましたか。さらに、当面のライバルと目されていたグレートタイムが後ろに構える状況ではなかなか動けませんからね。難しい競馬になったと思います。

ただ、この人気2頭が力を出せなかったことで、上位馬はタナボタを受けたという見方は少し違うと思います。

勝ったグリムは、青竜Sでスマハマ、オメガパフュームといった世代トップレベルを堂々と撃破。前走も次々と進路を消されて全く脚を使えなかった消化不良の内容でした。スムーズならこれくらい走れて当然の実力を既に証明していたわけです。

2着ヒラボクラターシュも、私のLINE@のコンテンツ「次走は見逃せない」で取り上げていた馬。キンシャサノキセキ産駒にとってNGコースである中京ダ1800での敗戦は度外視可能であり、少し早仕掛け気味だったことも含めて、もっと走れていい地力は垣間見せていました。さすがに重賞のここでイキナリ巻き返すとは想像していなかったのですが……。

3着ビッグスモーキーも、定まらない使い方もあって人気の盲点になっていましたが、ダ1800で2勝を挙げて、地方交流重賞でも好走した実績の持ち主。他馬にミスがあればこれくらいの着順は取れる馬だったと思います。

最後に、私が期待したアルクトスについて。距離ですかね。手応え的にはもう少し走れて良さそうだっただけに、ジリジリになったのは微妙に距離が長かったせいかもしれません。




待望の新刊 書店・アマゾンにて絶賛発売中!
境和樹 単複進化論!


『単複進化論!』の購入はコチラ
▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

境和樹Twitter

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

友だち追加

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧