境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編)

根岸S&愛知杯の回顧

第33回根岸S(GⅢ)
1着コパノキッキング
2着ユラノト
3着クインズサターン

ラップ:
12.4-11.1-11.5-12.1-12.2-12.0-12.2
時計:1.23.5

まず、今年の勝ち馬パターン該当馬だったメイショウウタゲは15着。出遅れに始まり、直線も伸びが見られず。残念かつ注目いただいた皆様には申し訳ない凡走を喫してしまいました。

ただ、結果そのものは例年の根岸Sらしい結果だと見ていて、勝ったコパノキッキングは、前走で上がり最速を使って差し切り勝ちを決めており、根岸Sは今年が初参戦。直線スピードを近走で示した“鮮度”のある馬でした。そして、レースでもメンバー最速の上がりを使っての勝利。直線スピードが重要であるレースにおいて、その持ち味を発揮したことになります。

唯一、テーマから外れていたのが血統面。良馬場で行われた根岸Sで父ノーザンダンサー系が勝ったのはこれが初めて。これだけがネックだと思っていましたが、見事にカバーされてしまいました。

この血統面について、来年の予想で修正するかどうかは微妙なところです。いかなる傾向にも例外はあるものですから、今回の結果だけを受けてこれまでの法則性を全く無にしてしまうのもどうかと思います。ひとまず、もうしばらくは勝ち馬の法則を重視していくつもりでいます。

それにしても、改めてリピーター性の薄さには驚かされました。昨年2着だったサンライズノヴァが8着。
もちろん、昨年が重馬場で今年がパサパサの良馬場。馬場が全く逆だったとはいえ、あの東京なら不発知らずのサンライズノヴァが全く脚を使えないとは……。本質的に軽い馬場向きの差し馬なのでしょうが、“根岸S初参戦組”の利を説いた、前年好走馬のパフォーマンスダウンの歴史を知る者としては、改めて非リピーター性に驚嘆してしまいました。


第56回愛知杯(GⅢ)
1着ワンブレスアウェイ
2着ノームコア
3着ランドネ

ラップ:
12.9-11.4-12.9-12.8-12.2-11.8-11.7-11.8-11.2-11.3
時計:2.00.0

正直、中京芝2000重賞は個人的にかなりな鬼門だと思っていて、これまで、傾向自体は掴んでいながら、全く結果を出せないという時期が長く続いていました。

それが、ようやく光明が見えました。
実は、昨年暮れの中日新聞杯で微妙な潮目の変化は感じていました。“米国血統重視、特にボールドルーラー系保持・内包馬”という方向性に舵を切り、本命馬は引き切れずも候補に数えていた人気薄ショウナンバッハが12人気2着。他の上位馬からも明確な米国性を確認できたことで、このテーマ設定にはかなり感触を持っていました。

そして、今回の愛知杯。本命馬ランドネは3着止まりでしたが、母父ストームキャットのワンブレスアウェイが8人気1着。中日新聞杯に続き、米国血統保持馬とボールドルーラー系保持・内包馬の同時好走です。これで傾向がハッキリ見えました。

中京芝2000重賞は、かつてと異なり米国的なパワーの重要性が高まっています。次の金鯱賞も楽しみです!




待望の新刊 書店・アマゾンにて絶賛発売中!
境和樹 単複進化論!


『単複進化論!』の購入はコチラ
▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

境和樹Twitter

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

友だち追加

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧