境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編) [2012年1月10日]

年始競馬の回顧

第50回京都金杯(G3)回顧
1着マイネルラクリマ
2着ダノンシャーク
3着アスカトップレディ

本命にしたマイネルラクリマが勝ち、対抗評価として取り上げたダノンシャークが2着。ここまでは完璧でしたけどね~。まさか大外枠が馬券になるとは思いませんでした。この時期の京都重賞は、とにかく内枠が有利、外枠はかなり不利というのが定説ですからね。ただ、この日の芝コースは全体的に外差しが利く傾向。序盤戦を終えた段階で嫌な予感がしていたことも事実です。
しかし、3連単まで的中させることはできませんでしたが、このレースのポイントとして取り上げた「一見すれば長距離向きの血統を持ちながら、自身の活躍距離がマイル近辺にシフトしている馬」が好走パターンの血統であるという主張がバシッと嵌ったことには大満足です。あまり知られていない血統傾向だと思いますので、来年以降も積極的に活用していきたいと思っています。

【by境和樹】

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧