境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編) [2012年1月10日]

年始競馬の回顧

第46回シンザン記念(G3)回顧
1着ジェンティルドンナ
2着マイネルアトラクト
3着プレミアムブルー

色々書きたいことがあるレースです。
まず、本命に期待したタイセイシュバリエに関しては、位置取りが一列後ろになってしまいました。イメージ的には2着したマイネルアトラクトの位置を取って欲しかった。そうすれば、マイネルと同じような結果になったと思います。あの位置から前を捕まえるような決め手は(血統的にも、これまでの走り的にも)持っていませんからね。各ジョッキーともに欲しい位置があるわけですから、思い通りにならなくて当然なのですが、ほぼ同じキャラのマイネルアトラクトが穴を開けているだけにねぇ…。う~ん、もったいない。
ただ、裏を返せば決め手が全くないマイネルアトラクトでも2着に来られるというのが、このシンザン記念というレースの本質です。勇気を持って断言すれば、今後の重賞戦線でこの馬が馬券になることは二度とないでしょう。高いレベルのレースで要求される決め手を全く持っていませんから。そんな馬が馬券になるレース、テーマとしてスピードと持続力というポイントを挙げましたが、今年もその傾向通りだったと思います。来年は、ダート血統に固執せず、持続力血統狙いともう少し幅を広げて考えるようにしたいと思います。ちなみに、今年に関しては気の利いたミスプロ系が不在でした。このレースで最も重視すべきは、ダート型ミスプロであるという主張に変わりはありません。
勝ったジェンティルドンナは、「もし、今年もGI級の素質馬がいるとしたら…」という視点で考えれば、自ずと浮上したであろう馬。予想コラム内では「今年は(GI級が上位独占した)昨年のようなことはありません」と簡単に流してしまいましたが、その裏で「ジェンティルドンナがホンモノでなければいいな」という思いもありました。唯一、GI級の“可能性”を残していたのがこの馬でした。今後の活躍が楽しみです。フサイチエアデール、ダイワスカーレット、マルセリーナ。このレースで馬券になった牝馬は、基本的にGI級です。
ちなみに、これは完全に余談ですが、このレースに登録までしながら、結果的に月曜日の福寿草特別に出走したレッドアーヴィングという馬。シンザン記念に出走して内枠を引いていれば、高確率で馬券になっていたと思います。1400m巧者のアドマイヤムーン産駒に母系が完全なダート型。まさに持続力勝負向きの血統であり、本当に出走を回避したことが残念でなりませんでした。

【by境和樹】

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧