境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編) [2012年3月13日]

痛い敗戦でした。

第46回フィリーズR(GII)回顧
1着アイムユアーズ
2着ビウイッチアス
3着プレノタート

全体ラップ
12.2-10.7-11.4-11.8-11.9-11.9-12.9
時計 1.22.8

これは痛い敗戦でした。コラムをお読みになった方なら、あるいは気が付いたかもしれませんが、相当自信がありました。それだけに、かなりショックが大きいですね。皆様には、私の購入馬券をご覧頂いていますが、今回に関しては堂々と、あれが購入馬券の“一部”であると言わせていただきます。ハイ、買い足しています。というより、後から買った馬券の方が遥かに多いです。
本命馬ファインチョイスは12着惨敗。まあ、直線の途中から鞍上はヤメており、最後はほとんど馬なり入線。着順から受ける印象ほど負けているとは言えませんが、それにしても完全にガス欠のような競馬。道中で行きたがっていたせい?あるいは早熟馬?ちょっと明確な敗因は分かりかねますが、大きな期待を掛けすぎてしまったようで逆に馬に申し訳ない気分です。

さて、気を取り直して(全然取り直ってはいないのですが)レース自体の回顧を。2着以降は全て差し馬。3番手追走から余裕タップリに抜け出して押し切ってみせた勝ち馬アイムユアーズは、かなり強い競馬をしていると思います。多少相手に恵まれたかな、という印象はありますが、少なくともこのレースに関しては力が二枚くらい違った印象です。重賞2勝目、G1で2着して6戦して馬券圏外ゼロ。非の打ち所のない成績です。
しかし、今回のレースがあまりに強かったがために、「本番はないな~」と思わざるを得ません。予想コラムでも指摘したとおり、このレースは極めて高い1400m適性を必要とするレース。今年の上位馬を見ても、やはりその傾向に変わりはなかったと見ています。ということは、完勝したアイムユアーズは極めて高い1400m適性を持っていることになります。父ファルブラヴという血統からも、その適性の高さは裏付けられます。
外回りのマイル戦は、今回とは全く違った適性、すなわち『溜めて切れる』という能力が要求されます。これは、阪神JFで2着しているからという簡単な根拠で覆せるものではないと見ますね。あの阪神JFに関しても、能力だけで2着はしましたが、結局のところ溜めて切れるタイプのジョワドヴィーヴルにヤラれました。あれが適性の差というヤツです。当時は完成度の違いで何とかなりましたが、3歳春ともなれば他馬の成長度も違ってきます。桜花賞では人気を吸ってくれる存在になるというのが現状の見立て。次でまとめて取り返せる(桜花賞が高配当決着になり得る)材料ができたことは、プラスと捉えたいと思っています。

それにしても、今週の競馬は難しかった。。。また来週、仕切り直します!

【by境和樹】

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧