境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編) [2012年4月17日]

奇跡の配合

第72回皐月賞(GI)

1着ゴールドシップ
2着ワールドエース
3着ディープブリランテ

全体ラップ
12.4-11.1-12.3-11.9-11.4-11.6-12.2-12.7-13.6-12.1
時計 2.01.3

まず、アダムスピークについては語るところはございません。あまりに酷い、以上です。個人的に、騎手の乗り方に文句を言うのは極力避けようと心に決めているのですが、さすがに今回は納得がいきません。ピンナ騎手は一体何がしたかったんでしょうか?まるで脚を溜めることなく、単に回ってきただけ。あまりに無策、これで勝てるほど日本の競馬は甘くありませんよ。16着でも4着でもハズレはハズレですから、着順をとやかく言うのではありません。ただ、本当に消化不良、そして、期待してしまった自分が情けない。

しかし、その一方でレース結果は本当に感慨深いものでした。勝ったゴールドシップは、予想コラムでも覚醒している可能性が高いことを示唆していましたが、ステイゴールド×メジロマックイーンの配合は、素晴らしいとしか言い様がありません。この勝利には大きな感動を覚えました。ここまでベストマッチの配合というものが存在するんですね、私はこんな奇跡をこれまで見たことがありません。

------------------------
(参考)予想コラム内のゴールドシップ評
また、これは皐月賞自体の血統傾向というよりは、直近の血統傾向から必須の存在という意味ですが、14.ゴールドシップは軽視不可です。ステイゴールド×メジロマックイーンの配合が鬼のように好相性であることは既に周知の事実かと思いますが、この配合は、経験を積みながらドンドン強くなっていくという傾向があります。この馬は、札幌2歳、ラジオNIKKEIでともに2着と敗れた後、今年緒戦の共同通信杯を快勝。昨年のオルフェーヴル同様、このタイミングで覚醒した可能性があります。この配合に関しては、こういったタイミングで絶対に買い逃してはいけません。
------------------------

キャリアの中で着実に収穫を得て、それを実にしていく強さ。そして、あるタイミングでグンと能力値を跳ね上げる。これがこの配合の特徴。まさにステイゴールドとメジロマックイーンそっくり。その良さをストレートに引き継ぎ、さらに昇華させています。本当に血の芸術品ですね。私は血統“傾向”予想がスタイルなので、この馬に本命を打つことはできませんでしたが、一血統好きとしては、こんな血の奇跡を目の前にして、本命で勝負できなかったことに、少し悔しさを覚えます。
ちなみに、この見方からすると、おそらくダービーも勝つでしょう。昨年のオルフェーヴルがそうだったように、この馬も覚醒、跳ね上げの時期を既に迎えていますから。ダービーにはダービーの血統傾向があり、それで昨年もとらせてもらっているので、次も本命を打つ気はありませんが、血統予想の立場からは、逆らう手はないと今のうちに書いておきます。

非常に複雑な心境で終えた皐月賞でした。

【by境和樹】

▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧