佐々木主浩の大リーグボール22号

第183球 [2012年3月3日]

【オーシャンS】カレンチャンは押さえまで

先週の【アーリントンC】では、以前から期待していたジャスタウェイが豪快に差し切り勝ちを収め、【阪急杯】では、私の愛馬・マジンプロスパーが後続に1馬身半差をつけて快勝!!

愛馬の勝利は勿論ですが、土日とも狙い通りの馬券が獲れたことで喜びも倍増です!!今週はトライアルを含め重賞が4つと、いよいよ競馬が盛り上がってくる季節がやってきましました。今まで以上に私も気合を入れて頑張ります!

それでは、高松宮記念マジンプロスパーのライバルとなる馬達が出走する【オーシャンS】から検討していきたいと思います。

当初は高松宮記念に直行予定だったカレンチャンが、急遽【オーシャンS】に出走。この緊急参戦をどう見るかですが、さすがにここを勝ちに来たのではなく、GIに向けての『叩き台』なのは明らかでしょう。初の56キロということもあり、ここはあくまで押さえまでの評価です。

ならば、本番ではイマイチでも前哨戦は滅法強い昨年の覇者ダッシャーゴーゴーから入ろうと思います。映像で確認しましたが追い切りの動きも良く、鞍上が引き続き横山典騎手というのもプラス。牡馬と牝馬で56キロ同士なら牡馬のダッシャーを今回は上に見ました。

相手には、休み明け、中山がいずれも得意なジョーカプチーノ、自分の競馬に持ち込めば渋太いエーシンダックマン。叩き台とはいえこれ以上、評価は落とせないカレンチャンに、道悪巧者のエーシンヴァーゴウ。以下、穴でダイワナイトツルマルレオンアポロフェニックスまで押さえようと思っています。

ヴィルシーナのライバル達が出走する桜花賞トライアル【チューリップ賞】は、昨年の2歳女王・ジョワドヴィーヴルで仕方がないでしょう。エピセアロームジェンティルドンナウイングザムーンを本線に、ゴールデンムーンスピークソフトリーヒーラトーホウアマポーラを相手として考えています。今日の重賞はどちらもライバルを研究する上で注目の一戦です。

【by佐々木主浩】
▼佐々木主浩への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

大リーグボール22号とは?

驚異の相馬眼を持つG1オーナー【佐々木主浩】のメインレースの最終見解が読めるのは『うまスクエア』だけ。また、愛馬の最新情報など、ここでしか絶対に読めない内容が超満載。
佐々木 主浩

伝家の宝刀・フォークボールで日米通算381セーブの金字塔を打ち立てた“大魔神”2006年11月に馬主登録を行い、僅か5年半後の2012年2月にはクイーンカップで所有馬のヴィルシーナが1着となり、馬主として初めて重賞競走を制覇すると、さらに翌々週には阪急杯でもマジンプロスパーが優勝。2013年5月12日ヴィクトリアマイルでヴィルシーナが優勝し、初のGI競走制覇を果たす。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧