佐々木主浩の大リーグボール22号

第320球 [2013年6月22日]

【津軽海峡特別】推せる要素が満載

土曜は、先週も読み通りバッチリ獲った函館のメイン検討していきたいと思います。


ここは藤田騎手騎乗のヒルノクオリアから入ることにしました。

・以前からお伝えしてきたように藤田騎手昆厩舎の相性が良いこと

・GIを勝たせてもらった“ヒルノ”の冠名の馬であること

・得意の北海道開催であること

・このコース(ダート1700m)は、枠順の有利不利はなく、先行有利であること

藤田騎手が今年挙げた20勝の内、その半分が“逃げ”て勝ったものであること

などなど、直ぐに思いつくだけでこれだけヒルノクオリアを推せる要素が出てきます。先手を奪い易そうなメンバーですし、スタートで後手さえ踏まなければ、古馬が相手でも勝負になると判断しました。

相手には、前走で1000万条件を既に勝ち上がっているキタサンシンガー、滞在競馬の方が力を発揮できるフィールザラブ。現級屈指の安定感を誇るヒラボクマジックに、コース替わりの効果に期待したいイーグルカザン。以下、ビタースウィートハルカフジアンティークカラーまでを考えています。


【by佐々木主浩】
▼佐々木主浩への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

大リーグボール22号とは?

驚異の相馬眼を持つG1オーナー【佐々木主浩】のメインレースの最終見解が読めるのは『うまスクエア』だけ。また、愛馬の最新情報など、ここでしか絶対に読めない内容が超満載。
佐々木 主浩

伝家の宝刀・フォークボールで日米通算381セーブの金字塔を打ち立てた“大魔神”2006年11月に馬主登録を行い、僅か5年半後の2012年2月にはクイーンカップで所有馬のヴィルシーナが1着となり、馬主として初めて重賞競走を制覇すると、さらに翌々週には阪急杯でもマジンプロスパーが優勝。2013年5月12日ヴィクトリアマイルでヴィルシーナが優勝し、初のGI競走制覇を果たす。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧