採れたて!トレセン情報

第151回[2012年10月26日] 最新号は毎週金・土曜日の20時にメルマガ配信。

【天皇賞・秋】先週菊花賞を制したタッグが再びコンビを組む

【美浦の『聞き屋』の囁き】

●あの選手も馬主なんです●

ヴィルシーナやマジンプロスパーなどを所有している佐々木主浩氏は言わずと知れた「ハマの大魔神」。

そして、現役で活躍している「ハマの番長」こと、三浦大輔投手も競走馬を所有している。それは東京土曜日、7レースに出走するリーゼントブルースだ。8戦目で未勝利を勝ち上がり今回が昇級戦になる。デビュー戦と勝ち上がった前走がプライベートでも親交のある松岡騎手。

そして、今回も示し合わせたように騎乗しているあたり2人の親密度の高さがうかがい知れる。ペナントレースはすでに終了しており、馬主である三浦投手の来場も十分考えられる。パドック、もしくはウィナーズサークルで声を掛けてみては!?


【関西事情通チョッといい話】

●2冠タッグが再び誕生!●

先週行なわれた菊花賞。須貝調教師の管理するゴールドシップが2冠を制した。しかも厩舎100勝のメモリアル勝利、しかもJRA史上最速の100勝達成とあって、週中のトレセンでは「あの人は持ってるね」と噂になった。

その「持ってる」須貝師が、今週の天皇賞にはジャスタウェイを出走させる。毎日王冠2着で賞金加算はしたものの、レース直後には「除外対象では…」と言われていた。しかし、1週前の特別登録の段階で18番目というギリギリで出走が叶うことになった。ただ毎日王冠で手綱を取っていた柴田善騎手は、天皇賞ではナカヤマナイトでの騎乗が決まっていた関係で鞍上は未定だった。

その一方で、毎日王冠ではエイシンフラッシュに騎乗していた内田博騎手、オーナーサイドの意向で天皇賞ではMデムーロの騎乗が決まり、騎乗予定馬が居ない状況となっていた。

このタイミングで、先週菊花賞を制したタッグが、再び誕生することになる。「ここでウッチーを確保出来るあたり、やっぱりあの人は持ってるワ」と言われたのは想像に難くないでしょう。

聞けば「ゴールドシップより成長度合いはジャスタウェイの方が上かも」という話もあるほど。このタッグがどんな競馬をしてくれるのか!?注目せざるを得ないだろう。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

採れたて!トレセン情報とは?

競馬ファンなら誰もが気になる、トレセン内で聞いた『ジョッキーや厩舎の複雑な関係』、何故あの騎手があの馬に乗るのか…!?なぜ遠征するのか…!?他にも、トレセン内で噂の“あんな話こんな話”をメルマガ『うまスク通信』で、お伝えできる範囲で毎週金・土に配信致します。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧