採れたて!トレセン情報

第216回[2013年6月1日] 最新号は毎週金・土曜日の20時にメルマガ配信。

【安田記念】今年は晴れて出走!?

【関西事情通チョッといい話】

●今年は晴れて出走!?●

伝統のマイルGI安田記念。今年も好メンバーが揃い非常に面白いレースとなった。そんな中で、昨年も参戦予定がありながら除外となってしまった、ショウナンマイティが、今年は晴れてこの安田記念に参戦する。

その昨年、実は特別登録の段階では18番目でギリギリ出走できるところだったのだが、レーティング上位5頭の優先出走枠に獲得賞金下位のペルーサが入ってしまい、結局19番目の補欠になり、そのまま除外となってしまった。その後は仕方なく宝塚記念に駒を進めた経緯もあった。今年こそはの思いで大阪杯に挑み、惜しくも2着ではあったが、賞金加算には成功、その後はこの安田記念を目標に調整されて来た。ところが、短距離戦線からロードカナロア、中距離からもナカヤマナイトなどが参戦し、意外とボーダーラインが高くなり、なんと1週前の特別登録の段階では20番目で、今年も除外対象となってしまった。

しかし、今年は昨年と逆に、レーティング発表で3位入り、その優先枠で出走が叶う事になった。とにかく、鞍上の浜中騎手が「絶対マイルは合う」と昨年も出走を熱望していたこの条件、東京マイル戦はスタミナも要求されるコースで、まさにドンピシャのレース。マイル戦には初挑戦、一線級のマイラーとは初対戦とはいえ、オルフェーヴルに肉薄した宝塚記念や大阪杯など、これまで戦って来た相手を考えれば逆に実績上位という見方も出来る。。混戦と言われる安田記念だが、今年晴れて出走が叶ったショウナンマイティの走りは是非注目して頂きたい。


【美浦の『聞き屋』の囁き】

●吉報と悲報は表裏一体なのかもしれない●

水曜日に栗東でジョワドヴィーヴル、木曜日に美浦でフィフスペトルが調教中の故障によって安楽死処分になるという悲報があった。特にフィフスペトルの場合、安田記念へ向けての最終調整だったので美浦は一時騒然とした雰囲気に。

しかし、悲報がある一方で、素直には喜べないかもしれないが吉報が届いた陣営もある。それは安田記念補欠1番手で繰り上がりの出走となったダノンシャーク。鞍上は持っている男、C・デムーロ。繰り上がりとならなかった場合、ダノンシャークは翌週の東京で行われるGIIIエプソムCへ回る予定で、鞍上には横山典騎手をすでに確保する万全の態勢だった。

そもそも出走馬確定賞金順では18番目で出走可能だったダノンシャークだが、レーティング上位5頭は最優先で出走できるという制度のため、出走馬確定賞金順では下位だったショウナンマイティが繰り上がりで出走できることに。つまり、ダノンシャークは出走する意思も態勢もすでに整っていた状態だった、だから形の上では急きょの繰り上がりに見えるが、不安はないということになる。こういった「運」は特に大舞台になればなるほど必要な要素だろう。

この混戦模様の安田記念では天候・枠順など「運」による部分が大きなウエイトを占めるかもしれない。速くて強くて運のある馬ははたして!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

採れたて!トレセン情報とは?

競馬ファンなら誰もが気になる、トレセン内で聞いた『ジョッキーや厩舎の複雑な関係』、何故あの騎手があの馬に乗るのか…!?なぜ遠征するのか…!?他にも、トレセン内で噂の“あんな話こんな話”をメルマガ『うまスク通信』で、お伝えできる範囲で毎週金・土に配信致します。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧