採れたて!トレセン情報

第647回&第648回

最新号は毎週金・土曜日の20時にメルマガ配信。

【関西事情通のちょっとイイ?話】

●ヒキの強さはピカイチ!!●

夏の訪れを知らせる北海道シリーズ、函館開催が開幕した。ではひと足早く夏の函館競馬が今週から開幕する。多くの有力騎手、若手騎手が参戦する注目開催。一方、日曜の東京には、関西ジョッキーが多く遠征している。もちろんメインのユニコーンSのために遠征するのだが、田中健、岩崎翼の両騎手は賞金的に出走確実な状況だったものの、酒井学・藤岡佑・菱田・高倉などは抽選対象にも関わらず遠征を決めた。そう、騎乗するのはそれだけ可能性のある馬で、色気も持っている。

ただ、そんな騎手達をよそに「やっぱりヒキが強いなぁ!」と言われているのが、関西ジョッキーの一人でもあるクリストフ・ルメール。実はこのルメール、当初はドバイに遠征したアディラートに騎乗する予定だった。しかし、未勝利・500万を自らの手で連勝させたアンティノウスが使うことになり、アディラートを断って乗る事になった。そんな経緯があって、抽選結果はアディラートが除外でアンティノウスは無事出走、しかももし除外された場合にはABでラユロットで投票していたのだが、そちらも通ってしまうというヒキの強さ。恐れ入るばかりだ。

そしてヒキが強いだけでなく、結果も持っていくのが今のルメール、ここもゴッソリ持って行く可能性は十分あるだろう。


【美浦の『聞き屋』の囁き】

●大人の振る舞いとは…●

毎年除外馬が多数出るレースのひとつが今週行われるユニコーンS。

今年は2勝馬で17分の12、約3分の2という抽選になった。

多い年では2分の1程度になることを考えれば、今年は比較的抽選をクリアしやすいと言えるだろう。

注目したいのは最有力候補であるリエノテソーロの乗り替わり。

リエノテソーロはこれまでの6戦すべてで吉田隼騎手が手綱を取ってきたが、今回は大野騎手へ乗り替わり。

関係者を取材していくとその理由がわかった。

その理由は簡単に一言で言うなら、吉田隼騎手のオーナーへの不義理があったから、ということのようだ。

どういうことかというと、オーナーの食事会に呼ばれていた吉田隼騎手がそれをキャンセル。

事前に用事があるなら断ってくれてもいいですよ、とは言われていたようだが、そこは建前で、よほどの理由がない限り参加するのが大人の暗黙のルール。

この建前を素直に受け取ってしまった吉田隼騎手はこの食事会をキャンセル。

せめてオーナーに直接連絡をしてキャンセルの理由を伝えて謝罪するなどの対応をとれば良かったが、関係者にキャンセルを伝えただけでそれっきりという、あまりにずさんな対応をしてしまった。

その結果、当然といえば当然の結果でオーナーの逆鱗に触れてしまい関係が断絶。

リエノテソーロの乗り替わりとなってしまったのだ。

つまり、函館スプリントSのエイシンブルズアイを選んで騎乗するということではなく、リエノテソーロが乗り替わりとなってしまったためというのが本当のところ。

逃がした魚はあまりにも大きい、かもしれない中で、大きなチャンスを得たのは大野騎手。

一方の吉田隼騎手はこの失態と悔しさをバネにいい方向へと変えることができるかどうかが、大事。

ユニコーンSの有力候補と、函館スプリントSの伏兵。どちらからも目が離せない。


【関西事情通のちょっとイイ?話】

●クラス再編成直後で…!?●

上半期の東京・阪神も残すところあと2週となったが、北の大地・北海道ではひと足早く夏の函館競馬が今週から開幕する。その開幕重賞は、サマースプリント第1戦の函館スプリントS。13頭立てながら重賞ウイナーが8頭も揃い楽しみな一戦となった。

その中で、話題の中心と言えばこの春の高松宮記念を制しGI馬となったセイウンコウセイ。本来なら賞金別定で重い斤量を背負わされるところを、4歳馬がゆえにクラス再編成の恩恵で収得賞金が半分になり、56キロで出走できている。恐らくこれが出走を決めた要因だとは思うが、GIを勝ったばかりのバリバリのオープン馬がこの斤量で出走できるのは、余りにも有利に映る。

実は、土曜日の阪神メイン、天保山Sでも同じ事が起きている。

前走の栗東Sではトップハンデの57.5キロを背負わされていたコウエイエンブレムだが、4歳馬がゆえにクラス再編成の恩恵で今回は別定の56キロで出走。

ハンデ戦のオープン特別で、トップハンデを背負い1番人気に推され、しかもスタートで後手を踏み大外をブン回す負けて然るべき内容でも2着を確保したほどの馬、そもそも同じオープン特別を2勝しているスマートアヴァロンやキンズスガードが今回58キロという事を考えれば、かなり有利に映るのは当然だろう。実際、2走前の天王山Sでは、前述スマートアヴァロンを3馬身千切り捨てている。この時の斤量差は1キロ、今回は2キロ差、逆転するシーンは想像し難い。

クラス再編成直後の4歳オープン馬は、収得賞金が少なくなってしまい使うところに苦労するケースが多いのだが、この2頭は逆に恩恵を感じる状況。恐らく人気にはなると思うが、普通の競馬なら勝ち負けになって当然だろう。


【美浦の『聞き屋』の囁き】

●ベテランVSベテラン●

12年振りの函館本格参戦となる蛯名騎手。

これまでもスポット参戦は何度かあったが、滞在して調教をつけてとなると2005年以来。

その時は19勝を挙げて函館リーディング2位と好成績を挙げている。

今年は先週までの時点で15勝と例年に比べると見劣る成績ではあるが、今週は土曜日8鞍、日曜日9鞍と、これまでの中山・東京に比べれば騎乗数は大幅増。

やはり、騎乗数を増やさないことには勝ち星につながらないところはあるし、乗らないことにはなにも始まらない。

まだまだベテラン勢が健在の競馬界。

若手が育たないことは問題ではあるが、それだけベテラン勢が強いということでもある。

今週は武豊騎手も土日で参戦。ベテラン同期対決は見逃せない。




うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

採れたて!トレセン情報とは?

競馬ファンなら誰もが気になる、トレセン内で聞いた『ジョッキーや厩舎の複雑な関係』、何故あの騎手があの馬に乗るのか…!?なぜ遠征するのか…!?他にも、トレセン内で噂の“あんな話こんな話”をメルマガ『うまスク通信』で、お伝えできる範囲で毎週金・土に配信致します。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典10月号(好評発売中!!)

コンテンツ一覧