採れたて!トレセン情報

第655回&第656回

最新号は毎週金・土曜日の20時にメルマガ配信。

【関西事情通のちょっとイイ?話】

●スタージョッキーの手腕●

夏の北海道シリーズ函館も残り1週半、札幌開催の開幕も近づき北海道シリーズも佳境を迎える。今週日曜日は、函館開催の目玉重賞である函館記念が行われる。その目玉重賞に相応しく、スタージョッキーの武豊騎手も、開幕重賞の函館スプリントSに続き今回も参戦する。騎乗するのは前走鳴尾記念を制したステイインシアトルだ。

長期休養明けの3戦目から主戦を務めているこの馬、ただ平坦小回り、距離も2000mがベストの馬で、その舞台で武豊騎手が空いているところを狙うのはなかなか至難、番組選びは難航する事が多かった。しかし前走の鳴尾記念は、武豊騎手サイドの方から「使って欲しい」と打診があり出走。そこでキッチリ、結果を出す辺りが名手。池江師が「神騎乗」と唸るほどの絶妙なレース運びで重賞制覇を成し遂げた。

その後は、小倉記念か函館記念かの選択肢があったが、ここも鞍上に合わせて函館記念に決まった。阪神コースで結果を出したが、もともとが平坦小回りが得意の舞台。洋芝適性や先行馬の多いメンバー構成など懸念材料はあるものの、そこは「名手」が鞍上、相殺してくれる可能性は十分あるだろう。夏の函館の目玉重賞で、鮮やかな手腕で勝利するスタージョッキーの姿を、是非魅せて頂きたい。


【美浦の『聞き屋』の囁き】

●4分の1の抽選●

日曜日に中京で行われるオープン特別、名鉄杯。

ダート1800mという条件で、なにかのトライアルレースということはなく、秋に向けての賞金加算が主な目的となるぐらいのレベルのレース。

関東からは6頭が出走しており、その内の1頭センチュリオンには内田騎手がこの馬のために遠征。

近走の内容どおり勝ち切れない競馬が続いているが、厩舎も鞍上もともに重賞級という高い評価。

同日の福島メインレースもトライアルではないオープン特別のバーデンバーデンCということも、内田騎手の中京遠征の要因にはなっているはず。

タイトルの4分の1の抽選についてだが、これは名鉄杯でセンチュリオンと同賞金の馬が4頭おり、それに対して残った出走枠が1つしかないという状況だったことを表したもの。

2週間前の想定ではセンチュリオンの賞金でも余裕で出走が可能だったが、その後出走予定馬が大幅に増えたことで、抽選対象まで繰り下がってしまったのだ。

が、言うまでもないことかもしれないが、センチュリオンは4分の1の抽選を見事に突破。

馬が持っているのか、内田騎手が持っているのか。人気でも目が離せない存在になりそうだ。


【美浦の『聞き屋』の囁き】

●1強時代●

福島1週目は土曜日だけで4勝、先週は土日で9勝。2週間だけで夏の福島リーディングをほぼ手中に収めた、といっても過言ではないほどのペースで勝ち星を量産している戸崎騎手。

今週は土曜日11鞍、日曜日10鞍。しかもそのほとんどが有力候補で上位人気馬ばかり。

勝負の世界はどこもそうだと思うが、勝てば勝つほどいい馬が巡ってくる好循環のサイクル。

勝てる巧い騎手に勝てるチャンスが大きい馬、まさに「鬼に金棒」状態だろう。

先週までの時点で福島リーディング2位は北村宏騎手の6勝。

3位は内田騎手で4勝。以下は3勝で津村、柴田大騎手と続く。

今週のラインナップを見ても戸崎騎手を上回りそうな質・量の騎手はほかには見当たらない状況。

こうなると福島リーディング争いの興味は、戸崎騎手がどれだけ勝ち星を積み上げるのか、新記録を打ち立てるのか、ということになるぐらい圧倒的。

今週も戸崎人気で馬券的な妙味は薄れるかもしれないが、軸としての安定感は相当なもの。

無理に逆らうことはせずに、相手探しに集中したほうがいいかもしれない。


【関西事情通のちょっとイイ?話】

●注目の新馬デビュー!●

夏の北海道シリーズ函館も残り2週、既に札幌競馬場の入厩も始まっており佳境を迎える。新馬も続々デビューし、先週には芝1800mでオルフェーヴル産駒初勝利となるクリノクーニングがレコードV、クラシック候補生も出現してきた。

今週の日曜日にも芝1800mの新馬戦が組まれているが、ここにも注目馬が出走してきている。前述クリノクーニングと同じ須貝尚厩舎のゴールドフラッグだ。そう、その名でも想像できる通り、毛色は黒鹿毛だがゴールドシップの全弟。実は本来は先週デビュー予定だったのだが、追い切りの動きがもうひとつと言う事で1週スライドさせた経緯がある。ただ、その先週併せた相手がクリノクーニング、相手が悪かったとも言えなくは無い。

鞍上はクリノの手綱も取った北村友一騎手、その先週日曜日には、1日のオール連対としては最多記録となる1日7鞍オール連対を果たしたが、この夏は函館スプリントSを制したのをはじめ、先日のCBC賞も豪快に差し切り勝ち、短距離重賞2連勝ととにかく絶好調。そんな乗れているジョッキーにして「クリノよりも乗り味は断然コッチ」と相当高く評価しているのがゴールドフラッグ。先週レコード勝ちした馬よりも「断然」という評価なら、それは当然注目と言えるだろう。デビュー戦はもちろん、勝っても、もし負けたとしても、今後長い目で追いかけてみたい1頭だ。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

採れたて!トレセン情報とは?

競馬ファンなら誰もが気になる、トレセン内で聞いた『ジョッキーや厩舎の複雑な関係』、何故あの騎手があの馬に乗るのか…!?なぜ遠征するのか…!?他にも、トレセン内で噂の“あんな話こんな話”をメルマガ『うまスク通信』で、お伝えできる範囲で毎週金・土に配信致します。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典10月号(好評発売中!!)

コンテンツ一覧