採れたて!トレセン情報

第665回&第666回

最新号は毎週金・土曜日の20時にメルマガ配信。

【関西事情通のちょっとイイ?話】

●札幌記念ではなく…!?●

今週は夏競馬で唯一のGⅡ重賞、札幌記念が行われる。ネオリアリズムの回避によりGI馬の出走こそ無いものの、重賞・GI常連の面々が顔を揃え見応えあるレースとなった。ただ、小倉で行われる短距離重賞・北九州記念も、馬券的に考えればなかなか面白いメンバー構成。どの馬が1番人気になるかも判らない、まさに混戦のハンデ戦。

そんな中だが、興味深いジョッキーは二人存在する。それは、札幌記念に出走するエアスピネルの主戦である武豊騎手と、昨秋のGI戦線ではサウンズオブアースの手綱を取っていたミルコ・デムーロ。この二人が何故、札幌記念では無く北九州記念で騎乗しているのか…


武豊騎手は夏の主戦場は小倉、実際のところは?だが判らないでもない。一方、ミルコの方は主戦場が新潟、今週は新潟に重賞が無いので、札幌か小倉の選択になるのだが、選んだのは小倉北九州記念だった。

GⅡでは無くGⅢ、しかもサウンズオブアースには横山典騎手が収まっているため、このレースの結果次第では秋の主戦の座を奪われてしまう可能性もある。そんなデメリットの多い選択をしたのも、北九州記念で手綱を取るファインニードルに可能性を感じているからだ。

そう、手綱を取っていた前走の水無月S、トップハンデ57.5キロを背負いながらも横綱競馬で1分7秒1のタイレコード勝ち、時計の速い軽い芝が得意なタイプだが、それにしても強い競馬だった。

オープンでの実績は無いものの、鞍馬Sは休み明け、安土城Sは距離が1400m、まだ結論は出ておらずオープンで足りないという事は無いはずだ。


今回は得意の時計の速い軽い芝、ましてやハンデ戦でもありチャンスは十分にある。

そう、総合的に見て、十分チャンスがあるとミルコは手応えを掴んだのだろう。

札幌記念のサウンズオブアースの動向は気になるものの、このファインニードルのミルコの手綱捌きは注目だろう。そして、もしサウンズオブア-スが勝利する様なら、より勝負の懸かった騎乗が見られるかも知れない。


【美浦の『聞き屋』の囁き】

●秋の主役へ名乗りを挙げるのは!?●

例年に比べると小粒な印象は拭えない今年の札幌記念。

中心となるのはヤマカツエース、エアスピネルといったあたりか。

他ではこの時期の風物詩となりつつあるマジックマンこと、モレイラ騎手の来日。

もともと札幌記念ではネオリアリズムに騎乗する予定だったが、同馬は体調不良により回避。

マウントロブソンはもともと福永騎手で予定していたが、そこは2頭とも身元引き受けとなっている堀厩舎の管理馬だったので、揉めることなくあっさりと乗り替わり。

福永騎手もそのまま騎乗馬がなくなることなく、アングライフェンを確保するあたりはやはり一流。

サウンズオブアースと横山典騎手のコンビ結成となった経緯は、まずルメール&デムーロ騎手へ騎乗依頼するも断れれてしまい、いろいろと検討した結果、オーナーサイドの意向で決定。

すっかり職人的な色合いが強くなってきた横山典騎手。どんな騎乗で驚かせるのか。

人気はないが、穴候補なら逃げ馬マイネルミラノも忘れてはいけない。

同型のロードヴァンドールとの兼ね合いになるが、マイネルミラノの指示は「なにがなんでもハナ」へ。

先週の関屋記念を逃げ切ったマルターズアポジーが逃げ馬の典型で、七夕賞が競れれて11着と大敗。

単騎逃げとなった関屋記念で快勝。逃げ馬は1着か大敗かのいい例だろう。

逃げ馬候補2頭がレースを面白くする可能性が高い今年の札幌記念。

秋のGⅠシリーズにつながる大事な一戦は見逃せない。


【関西事情通のちょっとイイ?話】

●マジック・マン参上!●

今週は夏競馬で唯一のGⅡ重賞、札幌記念が行われる。グレートセイカンがトウショウボーイを破った事が語り継がれているダートコースしかなかった頃のダート重賞から、1989年に洋芝コースが新設されたと同時にGⅢハンデ戦になり、1997年から別定のGⅡに格上げされ、その初年にエアグルーヴが勝ち、ここから直行して天王賞・秋を制した事で、その後も数々のスターホースが参戦し、秋のビッグレースへのステップレースとして定着してきた。

今年も、ネオリアリズムの回避によりGI馬の出走こそ無いものの、重賞・GI常連の面々が顔を揃え見応えあるレースとなった。

そんな今週の札幌、大目玉は札幌記念だが、もうひとつ注目しなくてはいけない事がある。そう、ジョアン・モレイラ騎手の参戦だ。


WASJに参戦した2年前、日本の競馬ファンには馴染みの無い頃だったが、当欄では「驚愕の夏にしてくれるかも知れない人物が訪れる」とまでお伝えしていたジョアン・モレイラ騎手。WASJ優勝のみならず、土日で7勝の固め打ち、この一週間だけで関係者を虜にし、その名を記憶に残した。そして初めて短期免許を取得した昨年、関係者の間でも「モレイラは来るのか?」「短期免許は取るのか?」と噂になっていたが、来る事が決まった途端、当然の如く騎乗依頼が殺到、そして結果も記録的な騎乗機会7連勝を含み、僅か3週間で17勝を挙げた。そして今年もドバイ・ターフでヴィブロスを見事な騎乗で勝利に導くなど、もう日本の競馬ファンにもすっかりお馴染みの名ジョッキーとなった。

今年は今週の来週の2週間だけの騎乗だが、もちろん有力馬揃いで、昨年同様、札幌では1強状態のルメール騎手の天敵になり得るだろう。

それを象徴するかのような騎乗が土曜日1R、ルメール騎手で2着続きだったディバインブリーズが、モレイラ騎手に乗り替わる。連闘でもあり、モレイラに合わせた無理使いの懸念もあるが、こういうところで結果を出すのが「マジック・マン」たるところだろう。


札幌記念では、予定していたネオリアリズムがまだ使える状態にならず回避となり、同馬を管理する堀厩舎のもう1頭、マウントロブソンでの出走となるが、これもまた腕の見せ所。前走がオープン特別勝ちで、まだ重賞常連のメンバーに比べると実績不足は否めないところ。ここが試金石と言えるのだが、そんな状況で結果を出してきたのがモレイラ。「マジック・マン」と言われる所以をここでも見ることが出来るかも知れない。いや、是非見てみたい。


【美浦の『聞き屋』の囁き】

●47歳はまだまだ若い●

現役の中で最高齢は52歳の木幡初広騎手で、リーディングトップ10の中となると、先週までの時点で10位が48歳の武豊騎手。5位が47歳の内田博騎手。

一般的なサラリーマンなら40代は働き盛りかもしれないが、騎手がプロのアスリートと考えれば40代後半はすでに晩年と言えるぐらいだろう。

それでもなお、一線級での活躍を続けるベテランたちは、その動きも実に精力的だ。

全国リーディング5位、関東リーディングでは2位となる内田博騎手は今週の土曜日、札幌へ遠征。

札幌記念が行われる日曜日ではなく、メインレースが1000万特別の土曜日になぜ札幌へ?

お目当ては10レース、富良野特別のフローラデマリポサ。

内田博騎手は未勝利、500万と2戦続けて騎乗。

特に前走は4歳降級馬が多くいるハイレベルな中での戦いで3着。

前走に続き今回も50キロという斤量なのは、フローラデマリポサが南半球産で、同年齢の3歳馬よりも約半年後に生まれているため、こういった斤量面での恩恵を受けることができるのだ。

成長が半年分遅くキャリア的にもまだ若いが、それでもベテラン騎手が札幌までついて行っても乗りたいと思わせるだけの高い素質があるということだろう。

今週の結果次第では紫苑SやローズSなどの秋華賞トライアルを予定しているとのこと。

衰え知らずのベテランたちの手綱さばきに注目してほしい。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

採れたて!トレセン情報とは?

競馬ファンなら誰もが気になる、トレセン内で聞いた『ジョッキーや厩舎の複雑な関係』、何故あの騎手があの馬に乗るのか…!?なぜ遠征するのか…!?他にも、トレセン内で噂の“あんな話こんな話”をメルマガ『うまスク通信』で、お伝えできる範囲で毎週金・土に配信致します。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(好評発売中!!)

コンテンツ一覧