採れたて!トレセン情報

第723回&第724回

最新号は毎週金・土曜日の夜にメルマガ配信。

【関西事情通のちょっとイイ?話】

●この騎乗は…!?●

今週から春の中山・阪神の連続開催が開幕、次週からはクラシックトライアルも始まり、いよいよGIシーズンの到来も近づいてきた。

今週は中山で大阪杯の前哨戦、そしてドバイへの壮行レース的な存在となっている中山記念が行われる。

昨年同様にこの後はドバイ遠征を予定しているヴィブロスや、札幌記念を制したサクラアンプルールなど歴戦の古馬のレベルも高いが、やはりここも明け4歳馬には注目だろう。中でも、昨年の皐月賞で2着、秋には古馬相手のGIマイルCSを制したペルシアンナイトは注目の復帰戦となる。

鞍上は、昨年の1年間6戦中5戦で手綱を取ってきた主戦のミルコ・デムーロ騎手。当然と言えば当然かも知れないが、阪神の阪急杯に目をやると、やはりミルコが主戦のレッドファルクスが出走している事に気付く。スプリンターズSの連覇を自らの手で成し遂げ、昨年は高松宮記念・安田記念でも3着まで持ってきたお手馬、この馬に跨っていてもおかしくない状況だろう。

しかも、ペルシアンナイトの次走は大阪杯の予定、その大阪杯には金鯱賞をステップに出走を予定している、やはりミルコのお手馬にスワーヴリチャードも参戦予定で、現時点で先まで決まっているわけではない。

逆にレッドファルクスの方は、次走の高松宮記念でミルコが乗る事がだいたい決まっているらしい。

そう、恐らく、それだけペルシアンナイトに可能性を感じているという事だろう。

この中間は、今までは放牧から帰るとカイ食いが悪く体を減らしていた馬が、今は富士Sの時ほど減らず、体の戻りは早く、当時よりもいい状態にあるとの事。

マイルでGIを勝っている様に、マイルがベストではあるものの、このレースの勝ち方次第では大阪杯でも最右翼の存在に成り得るだろう。このミルコの騎乗は、勝ち負け以上に注目の値する。


因みに、そういう意味でレッドファルクスの手綱を取る川田騎手にも注目と言える。本番の高松宮記念ではファインニードルに騎乗することが決まっており、まさにここは一発騎乗。こちらの結果も注目だろう。


【競馬場から見た推奨馬券】

木曜、金曜と雨が降ったが、中山はそれほど降らなかったようで、予想外に良い馬場で土曜の朝から競馬を迎えられた。一月しか開いていないが、芝コースの内側も上手く修復されており、中山らしい先行有利の競馬が繰り広げられそうだ。

その条件に当てはまりそうな5Rの5番エピキュリアンから今日はスタート。前走は去勢明けということと、東京コースということもあって後方から様子を見るような競馬。あいにくの先行馬ペースで脚を余してしまったが、外々を回って勝ちに等しいような内容と思えた。当然叩かれた今回はもっと積極的な競馬をするつもりだろうし、去勢されたように気性の勝ったタイプだけに、前に行けるはず。叩かれた上積みを考慮すれば勝ち負けになるはず。

単勝。馬連は6.7.8へ。


ダート戦からは、コース適性抜群の10R6番ハットラブが好勝負と見た。何よりも気に行っているのが前走時の+28キロの馬体。多少は立派過ぎる感じもないではなかったが、休養前とは見違えるほどに逞しくなった。25キロくらいは身になった感じで、余分は3キロくらいだろう。それが前走の爆発的な瞬発力に繋がったに違いない。あの体つき、レースぶりなら、 1600万も一気に通過できると見た。相手は過信できないような馬が揃っており、狙えるのは叩き3戦目で得意の中山、更には好枠を引いた1番アシャカダイキくらい。

馬連は1、3への2点。
ワイドは1と一点で勝負。


【関西事情通のちょっとイイ?話】

●巡り巡って…!?●

今週から春の中山・阪神の連続開催が開幕、次週からはクラシックトライアルも始まりいよいよGIシーズンの到来も近づいてきた。

今週は大阪杯の前哨戦、そしてドバイへの壮行レース的な存在となっている中山記念と、阪神では高松宮記念の前哨戦・阪急杯が行われる。

例年なら土曜日にも3歳重賞・アーリントンCが組まれていたのだが、施行時期が4月に移設されたことで土曜日に重賞は組まれていない。しかしながら、注目の3歳馬が出走しているので取り上げておきたい。

阪神5Rの3歳500万条件に出走するコパノキッキングだ。

デビュー前に、ケンタッキーダービーを始めとする米3冠に登録するというニュースが流れ話題となったが、そのデビュー戦は既走馬相手の未勝利戦に出走、それだけでも大きなハンデで世間の評価も10番人気と超人気薄だった。しかし、結果は8馬身差の圧勝。米3冠の登録はダテではなかった。

その後、アメリカ遠征を見込み先週のヒヤシンスSに登録したのだが、なんと3分の2の抽選に落ち、唯一1頭の除外の憂き目にあってしまった。さらに、先週は京都に自己条件のダート1400mがあったのだが、未勝利馬が投票した事でフルゲートに満たってしまい再投票も出来ず仕舞い。結果、1週スライドして今週の出走となった。


3分の1の不運、さらに通常には無い未勝利馬の格上投票により再投票できない不運と、稀な不運が続いてしまったのだが…


実はその裏で、逆に大きなチャンスを掴んだとも言えるのが、デビュー戦で手綱を取り、今回も騎乗する川須騎手だ。

実は、デビュー戦で手綱を取った当時、息遣いがまだ本物ではなかったため「次はもっと良くなる」という手応えがあり、「次も乗りたい」と強く思っていた。しかし、ヒヤシンスS当日の先週日曜日は、早くから小倉大賞典での騎乗依頼があり、東京でも京都でもどうしても乗る事が出来なかった。それが前述の様な極稀なレアケースにより1週スライド、結果的にコパノキッキングへの騎乗が叶った。

馬にとっては出走したかったレースに出走できなかった不運はあるものの、もしヒヤシンスSで他のジョッキーで勝たれてしまえば川須騎手に手が戻ってくる可能性は少なく、川須騎手にしてみれば、一時は諦めていたこの馬への騎乗がそのレアケースにより巡り巡って再びチャンスを得た形。

こういった巡り合わせは勝負ごとでは結果に大きく左右するというもの。もちろん、川須騎手としても、この千載一遇のチャンスは結果に拘るだろう。とにかく注目の1頭に間違い無い。




【美浦の『聞き屋』の囁き】

●スーパーGⅡ中山記念●

過去の優勝馬にGⅠ馬がずらりと並ぶ中山記念。

今年もアエロリット、ヴィブロス、ペルシアンナイトの3頭のGⅠ馬を筆頭に、出走馬のほとんどが重賞ウィナーという豪華な顔ぶれとなった。

今年のポイントは10頭と少頭数ではあるが、逃げ馬、もしくは強力な先行馬が揃ったこと。

まずはGⅠ馬アエロリット。逃げなくても実績は残しているが、逃げた2走前の勝ち方が圧勝。

次に2連勝中のマイネルハニー。2走前は2番手からロングスパート、前走は淀みのない逃げ。

最後はなにがなんでもハナを切ってきたマルターズアポジー。

今回はこれまで主戦を務めてきた武士沢騎手からベテラン柴田善騎手へ乗り替わり。

ここまで通算2200勝以上を挙げてきたベテランへの指示が、なにがなんでも逃げてくれ、というのは考えにくいので、どういった戦法を選ぶのか。

大きなポイントは中山1800mというコース形態と枠順の2つ。

中山1800mはスタート後、すぐにコーナーに入るため先行したい場合は内枠が断然有利。

そして、枠順によって内側に入れば先手を主張しやすいが、外側からではかなり積極的に仕掛けないと先手は取りにくい。

逃げる可能性がある3頭がどういった並びの枠順になるのかは、展開を予想するうえで外せないところ。

もっとも読みにくいのがアエロリットの横山典騎手だろう。

これまでの戦い方を考えればマイネルハニーかマルターズアポジーの先手争いで、アエロリットは離れた3番手からというイメージはしやすいが、横山典騎手だけに、アエロリットが強力に先手を主張して自らペースを作る、ということも考えられないだろうか。

取材していても、横山典騎手ほどつかみどころがない騎手はいない。

実際、先週のフェブラリーSでは1番枠に入ったニシケンモノノフで先手を主張して前半34秒台という、殺人的なペースを演出。差し・追い込みの競馬になった大きな要因を作ったのだ。

また、開幕週の馬場と言えば、逃げ・先行勢に有利となることが多い。

ただ、これはあくまで下級条件に当てはまることが多く、実際過去の中山記念では逃げ馬の連対実績は少なく、その多くが先行・差しとなることが多い。

また、忘れてはいけないのがペルシアンナイトのデムーロ騎手。

同日に阪神で行われる阪急杯では、お手馬であるGⅠ2勝のレッドファルクスが出走。

レッドファルクスとは高松宮記念で再度コンビを組む約束をしているようだが、この日に関しては選んだのはペルシアンナイトということは忘れてはいけないポイントだろう。

大阪杯から宝塚記念と続く古馬GⅠロードの戦い始まっている。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
採れたて!トレセン情報とは?

競馬ファンなら誰もが気になる、トレセン内で聞いた『ジョッキーや厩舎の複雑な関係』、何故あの騎手があの馬に乗るのか…!?なぜ遠征するのか…!?他にも、トレセン内で噂の“あんな話こんな話”をメルマガ『うまスク通信』で、お伝えできる範囲で毎週金・土に配信致します。

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧