採れたて!トレセン情報

第753回&第754回

最新号は毎週金・土曜日の夜にメルマガ配信。

【関西事情通のちょっとイイ?話】

●今週も注目!●

今週は、安田記念が終わり、宝塚記念までGI狭間の週末になるが、日曜の東西重賞はGⅢとは言え、出走させている陣営にしてみれば、秋を睨み上半期を締め括る重要な、GIほどの盛り上がりは無くとも必見のレース。また馬券的にも面白い。

東京ではエプソムCが行われる。

ここは、先週の鳴尾記念同様に池江泰寿厩舎に注目したい。

その先週の鳴尾記念は、池江厩舎2頭出し、中でもストロングタイタンの方が盛り上がっているお話をお伝えしたが、このエプソムCにも管理馬を2頭出走させている。ではどちらが盛り上がっているのか…!


答えは「両方とも」だ。

まずサトノアーサー。前走は3ヶ月間が開いていた事もあって、思えば調教の動きも少しモサモサしていたところがあり、万全というほどではなかった。それでも勝ち馬と同じような位置から同じ上がりを使って3着。休み明けでしかも大外を回していた事を考えれば勝ち馬と同等以上の評価は出来る。

今回は馬体のハリ、そして調教の反応も全然違うという話。元々クラシック候補と言われ、ダービーや菊花賞へも挑戦した素質馬。当時はまだ馬が幼く、また折り合いに課題があり距離に?もあって出走しただけで終わってしまったが、今回の舞台は実績ある芝1800m、しかも前走と同じ東京なら申し分ない。初重賞制覇の可能性は十分ある。


対してスマートオーディンは、今回が約2年振りのレース。さすがに「常識的には厳しい…」とはしながらも、「やれることはやってきた」という仕上がり。実際、世代トップクラスの馬。調教で動かせば「さすがのモノ」と言われるのも当然。

これだけ休みが長いと、パンパンの馬場で時計勝負では恐いところがあるものの、幸い雨予報でクッションの効いた緩い馬場になる様子。時計も余り速くならないだろうという見立てで、これは「奏功しそう」という事。

ともに、それほど人気にはなっていないが、陣営としてはともに色気を持っている。先週に続き今週も池江厩舎には注目したい。


【美浦の『聞き屋』の囁き】

●鞍上の評価も相当!●

これまでの10戦で掲示板を外したのは昨年の弥生賞とダービーだけ。それ以外はすべて掲示板以上で、すでに5勝をマーク。ダイワキャグニーの力はもう重賞勝ち目前のところまできている。

4戦前から主戦を務める横山典騎手の評価もかなり高くて、今年は同じ菊沢厩舎のミッキースワローとの2枚看板で戦って行く、と近い関係者に話しているという。

それを裏付けるような情報が入ってきた。

それは、関西のGⅠ馬で、しかもそのGⅠはダービー。

ダービー馬が札幌記念から天皇賞・秋への出走を予定しており、その2戦をセットで乗ってほしいと騎乗依頼をしたところ、悩んだ末に断ったというのだ。

断った理由が、ダイワキャグニーとミッキースワローが同じ路線を歩む可能性が大きい。

札幌記念、もしくは天皇賞、どちらかだけなら乗れる可能性はあるかもしれないが、現時点ではどちらも乗れるとは言えない。申し訳ない、となったとのこと。

つまり、ダイワキャグニーもミッキースワローも天皇賞を目標としており、どちらかで戦っていく、戦っていける、というメドが立っているから、という読みは深読みのしすぎではないはず。

名手に導かれて初勝利となるのか。注目したい。




【競馬場から見た推奨馬券】

台風の進路により雨の降り方が変わるようだが、いずれにしろ東西ともに道悪は避けられそうもない。土曜の朝の時点で、東京の芝コースの内ラチ沿いは荒れが目立っており、能力通りの決着は難しそう。こんな日は、人気馬で勝負するのは危険。穴っぽいところで好配当狙いでいきたい。

いきなりの東京1R。15番スイングアリュールが面白い。デビュー戦は不良馬場で出遅れただけに万事休すと見たが、意外や多頭数の馬込みを捌いて、2馬身差まで詰め寄った。そのパドックは少しカリカリした感じだったが、下半身のしっかりとしたいかにもパワーのありそうな馬体が目を引いた。追い切りは平凡だったようなので、まだ途上だったもよう。4ヶ月休養したが、追い切りの動きは前走時より良さげ、カリカリとした気性だけに、続けて使われるよりもむしろ一息入れたことが、功を奏しそうな気がする。
今回の牝馬限定の組み合わせなら、馬体から受けるインパクトから、潜在能力は間違いなく上と見る。デビュー戦で見せた脚もこのメンバーなら上位のはず。

単勝 15
馬連 3-15 10-15 11-15
3連複 3-10-15 3-11-5 10-11-15
10-13-15

自信度 C


もう一鞍は、馬場悪化が予想される芝の東京8R。軸馬は11番ブラックギムレット。500万昇級後は全く馬券に絡んだことはないが、骨折明けの前走に見所があった。その前走は1~4着馬がかなりハイレベル。特に1~3着馬は1000万でも重い印をつけたいほどの馬。その強力な組み合わせでのコンマ5秒差5着は評価できる。休ませて馬が良くなっていたに違いない。
幸い今回は手薄なメンバーだけに、前走くらい走れば勝てそう。当然、骨折明けを叩いた上積みもあるはず。

単勝 11
馬連 2-11 9-11
ワイド 2-11 9-11

自信度 C


【関西事情通のちょっとイイ?話】

●ターニングポイントになる!●

今週は、安田記念が終わり、宝塚記念までGI狭間の週末になるが、日曜の東西重賞はGⅢとは言え、出走させている陣営にしてみれば、秋を睨み上半期を締め括る重要な、GIほどの盛り上がりは無くとも必見のレース。また馬券的にも面白い。

阪神では牝馬限定のマーメイドS。この時期のハンデ戦という事もあって、格上挑戦も多くなり、それが故に超軽量馬も現れ、それに応じてやはり波乱度合いも高い。

今年も準オープンからの参戦が7頭、1000万条件馬が2頭も参戦し、最軽量は48キロ、トップハンデのトーセンビクトリーとは8キロ差となっている。

そんな中、関東馬だがルネイションには少し注目したい。というのは…、


この馬の鞍上は、実はハンデが決まる前には、52キロなら池添騎手、51キロなら藤岡康騎手で予定されていた。ところが月曜日の夕方の発表でなんと50キロ、二人とも乗れなくなってしまった。急遽、別のジョッキーを探すことになり、火曜日に荻野極騎手で落ち着いた。


この荻野極騎手、デビュー年は20勝、2年目の昨年は47勝を挙げ順風満帆かと思いきや、3年目の今年はまだ9勝に留まり、この時期には既に20勝以上を挙げていた昨年とは程遠い実績。乗れる若手として注目されていた昨年とは様子が変わってきている。

そんな中で、重賞で騎乗する機会がラッキーな事に訪れ、しかも翌日の水曜日に今週の木曜日より所属していた清水久詞厩舎からフリーになることが発表された。若手騎手にとって、フリーにるタイミングはまさに正念場、彼にとって大きなターニングポイントになる。この日曜日はこの上ないアピールの場、力が入るのは当然だろう。人気は全く無いと思うが、その過程から注目してみたい。


【美浦の『聞き屋』の囁き】

●リーディング独走態勢!?●

今週のルメール騎手はもともと日曜日のエプソムCで騎乗予定馬がいたので、それならば移動の手間を省くため、また関東の方が騎乗依頼が多いからという理由で土曜日も東京競馬場で予定を組んだのが始まり。

ルメール騎手が土曜日も東京で騎乗予定と分かると多くの有力馬の依頼が殺到。ただ、どういうわけかメインレースだけ騎乗依頼がないままだった、ようだ。

その後、出馬表にあるように土曜日のメインレースは有力候補のブラゾンドゥリスに騎乗。

ブラゾンドゥリスは前走で騎乗していた丹内騎手か、何度か騎乗して勝利を挙げている内田博騎手の予定だったが、内田博騎手はストライクイーグルを選択。

ということは、丹内騎手で決まっていたはずだが、ルメール騎手が空いているという情報を掴んだ厩舎サイドが、丹内騎手からあっさりとルメール騎手へとスイッチ。

残酷な選択ではあるが、これが勝負の世界。

勝てる、持っている騎手はジタバタせずに待っているだけで有力馬を頼まれるし、それでいとも簡単に結果を出してしまうので、より好循環でさらに勝ち星を量産。

先週の安田記念を制した勢いそのままに、今週もどれだけ勝ち星を積み重ねるのか。

ルメール騎手に逆らってはいけないのかもしれない。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
採れたて!トレセン情報とは?

競馬ファンなら誰もが気になる、トレセン内で聞いた『ジョッキーや厩舎の複雑な関係』、何故あの騎手があの馬に乗るのか…!?なぜ遠征するのか…!?他にも、トレセン内で噂の“あんな話こんな話”をメルマガ『うまスク通信』で、お伝えできる範囲で毎週金・土に配信致します。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

うまスク SNS

ギャンブル宝典6月号(好評発売中!!)

境和樹 Twitter

コンテンツ一覧